spacer
spacer

SCSK with AWS


確かな技術力と実績でレガシーシステムを解放する SCSK のデータベース移行

SCSKは迅速かつ確実なAWS移行で、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します

scsk_aws_MV-Partner
scsk_aws_MV-scsk_aws_logo
spacer

「AWS」と「データベース」双方の確かな技術力と実績

scsk_aws_全体図01

SCSKの「クラウド・データベース・マイグレーション・サービス」は、データベースの機能や性能はそのままに、移行の目的に合わせ最適な AWS サービスと移行方式を選択し、安全かつ確実にお客様のデータベースを移行するサービスです。企画、設計、実行から運用管理まで、オンプレミス環境に蓄積されたIT資産を有効活用するために不可欠なデータベース移行をスムーズに成功させ、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を総合的に推進します。

SCSKが選ばれる3つの理由

scsk_aws_DB移行

豊富な実績と経験

シンプルなクラウドへのリフトや、クラウドネイティブの仕組みを組み込んだデータベースへのシフト、商用データベースからOSSデータベースの移行など、経験豊富なコンサルタントとエンジニアが、データベース移行をトータルに支援します。

scsk_aws_移行提案

無償アセスメント

AWSへの移行を検討されるお客様のために、データベース移行に関する無償のアセスメントを提供。お客様の現環境情報と移行目的をヒアリングし、蓄積された移行ノウハウを元に、お客様環境に最適な移行プランを迅速にご提案します。

scsk_aws_dbmigrati3n01

AWS 認定資格取得パートナー

AWS と Oracle DB、双方の技術力と実績を証明する「AWS Oracle コンピテンシー」を取得。AWS上で稼働するOracle社製品の設計・構築から運用まで、高い技術力と豊富な実績で Oracle DBをAWSにスムーズに移行します。


Oracle Database のスムーズな AWS 移行

オンプレミス環境のOracle DatabaseをAWSへ移行するには、AWS上で構築可能な複数のデータベースサービスの中から、お客様のシステム毎に最適なサービスと移行方法を選択することが肝要です。SCSKが提案する「クラウド・データベース・マイグレーション・サービス」なら、シンプルなリフトやバージョンアップ方式から、データベースの完全移行まで、さまざまな環境や要件に対応できます。

scsk_aws_Amazon-EC2

Amazon EC2 へリフト(Oracle)

オンプレミス環境と比較して、運用面や必要リソースの調達スピードが圧倒的に改善される方法です。柔軟に高性能なインスタンスタイプが選択でき、Oracle Databaseのディレクトリオブジェクトなどに制限がかからないため、Oracleのバージョンや適応できる個別パッチの選択肢も広く、Enterprise Editionも稼働できます。

scsk_aws_Amazon-Aurora

Amazon Aurora へシフト(MySQL)

移行コストは掛かるが、移行後の管理やライセンス費用の削減により、総合的なコストダウンとデータベースパフォーマンスを向上させることが可能です。スケーリング時のシステム拡張作業工数を削減できる他、マイグレーションツールを使用したアプリケーションコンバージョンにも対応できます。

scsk_aws_Amazon-RDS

Amazon RDS for Oracle へシフト

運用管理コストを抑えつつ、AIや機械学習を見据えたデータ活用が可能な方法です。データをクラウド上に蓄積するのでデータ容量の増大に柔軟に対応できるだけでなく、各種システムとのデータ連携もスムーズになるので、データ分析・再利用も可能になり、レガシーシステムの刷新も容易に実施できます。

scsk_aws_Amazon-Redshift

Amazon RedShift へシフト

Amazon Redshiftに集約することにより、分散しているデータやIT資産を誰でも簡単に抽出・加工・分析することが可能になります。データの更なる活用により、ビジネス上の業務効率や意思決定スピードが向上する他、リソース不足の不安や拡張・バージョンアップ作業の負荷も軽減します。


SCSK with AWS 共催オンラインセミナー

無料オンデマンド配信中

scsk-aws-webinar1225_ondemand

レガシーシステムを生かしながらクラウドに移行したいが、ノウハウがない。そんなお客様のためにAWSとSCSKが最適な方法と提案を公開します。経済産業省のレポート「2025年の崖」でも、DX化は今や企業の命題となっています。さまざまなシステムを安全にかつ確実にAWSに移行するテクニックをご紹介します。これから検討されているお客様、すでに移行したが課題が山積しているお客様、幅広いお悩みに応えるオンラインセミナーです。

scsk-aws-webinar126_ondemand

新規・既存サービス、基幹系・業務系システムに関わらず、クラウドの高い柔軟性と俊敏性をフル活用し、急速に変化するビジネス環境に追従するためには、クラウドに合ったデータベースを選択し、最適化することが肝要です。本セミナーでは、Amazon.com の事例を含め、商用データベースからのマイグレーションの実例を通じて、成功するデータベース移行のノウハウやその効果について、詳しく解説するオンラインセミナーです。


SCSKのデータベースマイグレーションサービス

SCSKのデータベースマイグレーションサービスは、コストを抑えながら確実にかつスピーディーにデータベース移行を実現します。AWS へのリフトやバージョンアップはもちろん、異なるデータベース環境やクラウド化で想定されるさまざまな課題にも対応。データベースの選択、マイグレーションの実施、運用サービスなど、企画~計画~開発~運用まで、AWS移行をトータルに支援します。

scsk_aws_01_無償

企画(無償アセスメント)

現行環境を調査・分析し、移行の難易度を判定。アセスメントの結果からPoCの有無、最適なDBの選択と移行方法を提案します。

scsk_aws_02_PoC

計画(PoC)

移行の実現性およびパフォーマンスを確認。大規模システムの場合は、本番移行のリスク軽減のため簡易マイグレーションを実施します。

scsk_aws_03_DB移行

開発(マイグレーション)

新環境へのデータベース移行の技術ならびに実行支援を提供。SQL 変換、パフォーマンス試験の支援、データの移行なども対応します。

scsk_aws_04_運用

運用(運用サービス)

DB含む、AWSの24時間365日日本語サポートを提供。定期レポート、監視、リモート運用サービスなど、個別の保守サービスも提供します。


APN プレミアコンサルティングパートナー SCSK 会社概要

「APNプレミアコンサルティングパートナー」であるSCSKは、AWS東京リージョン開設と同時にAWSサービスの提供を開始して以降、100社以上のAWS構築・運用をてがけてきました。「AWS Oracle コンピテンシー」をはじめ、AWSの実績・技術を証明する複数の認定を取得しており、AWS認定資格認定保有者は、クラウド事業部門だけでなく、顧客業務を支援するアプリケーション開発部門にも数多く在籍(500名以上)しています。また、Oracleの長年のパートナーでもあり、Oracle、MySQLについても豊富な構築運用実績があります。

今回ご紹介の「クラウド・データベース・マイグレーション・サービス」のなかでも、「無償アセスメントサービス」は、クラウドへのデータベース移行に技術やスキルが不足している、Oracleのライセンス費が増加する、移行に伴う工数の把握できない、移行後の性能や機能が実現できない、といった数々のお悩みに対し、現状の商用DBの現状分析を行い、AWS移行後に最適な効果を生み出すサービスです。現在クラウドへの移行でお悩みのお客様は、ぜひ一度ご相談ください。