Deloitte Smart Factory Fabric ソリューション

製造企業のスマートファクトリーへの変革を加速させる

背景

過去 10 年以上にわたり、デジタルが製造業を変革してきました。クラウドとモノのインターネット (IoT) による企業の効率性と生産性の向上は、まさに革命的というべきものです。しかし、これで変革が終わったわけではありません。製造業務が複雑な企業にとって、産業規模でのスマートファクトリーソリューションの実装は簡単なことではないかもしれませんが、現代において競争力を維持するには避けて通れない課題です。

Deloitte に問い合わせる »

deloitte

バージョン: 1.0
最終更新日: 2020 年 7 月
作成者: AWS 

Deloitte に詳細を問い合わせる »

概要

Smart Factory Fabric は事前定義されたクラウドベースの IoT アプリケーションスイートで、製造企業のスマートファクトリーへの変革を加速させるためのものです。AWS IoT によって、Deloitte はクラウドアプリケーションのスイートを設計および構築し、スマートファクトリー機能を産業界の企業に提供するサービスを統合しました。Smart Factory Fabric のサービススイートでは、企業がコストを抑制しながら運用上のパフォーマンスを改善する際のサポートを提供しています。このサポートにより、可視性が高まり、生産性を改善しつつ品質も向上し、スマートファクトリーの運用に関連して起きる想定外のダウンタイムも削減できます。

sff ra

利点

スマートファクトリーへの変革は、プラントや企業レベルで行われる場合、コストの大幅削減、製品品質の改善、従業員の満足度の向上を実現できます。

資産効率の改善

  • キャパシティーと資産利用率の最適化
  • 切り替え時間とダウンタイムの削減

プロセス効率の改善

  • 廃棄率とリードタイムの縮小
  • フィルレートと歩留まりの向上

コストの削減

  • 労働、ソーシング、在庫、保守、保証コストの削減

安全性と持続可能性の向上

  • 安全にかかわる事故や環境への影響の削減
  • 従業員の満足度の向上と持続可能な慣行の増進

特徴

資産のトラックアンドトレース
定義されたルートに沿って作業指示書と部品を動的に追跡し、制約 (部品、機械、リソース) に基づいて作業指示のスケジュールを最適化します。

機械のモニタリング
重要な機械のパフォーマンスデータをキャプチャ、分析、表示して、オペレーターが機械の状態を把握し、事前アラートや通知を受け取り、設備総合効率 (OEE) のパフォーマンスを改善できるようにします。

コマンドセンター
資産のパフォーマンスと工場全体の利用率を可視化するコマンドセンターを提供し、工場全体のネットワーク性能の最適化を促進します。

予知保全
保守チームがナレッジベースを構築する必要なく、破滅的な故障につながる運用状況をデプロイ時に事前に感知および検出できる、クラウドベースでエッジデプロイされた AI/機械学習アルゴリズムです。

品質感知
プロセス中にいち早く品質の逸脱を捉える目的で品質劣化の問題を事前に感知および検出できる AI/機械学習アルゴリズムです。

高度なワーカーソリューション
利用可能な労働力リソースを生産の必要性に合わせて動的に割り振り、監督者が制約に対して管理および最適化して、パフォーマンスをリアルタイムで見ることができます。

動的スケジューリング
現在の生産スケジュールが生産ラインの設備の生産能力と合っていない場合、オペレーション管理で事前に問題を識別できる、インタラクティブでリアルタイムのソリューションです。