AWS Tools for PowerShell を使用すると、開発者と管理者が AWS のサービスとリソースを PowerShell スクリプト環境で管理できます。Windows、Linux、MacOS 環境の管理に使用するのと同じ PowerShell ツールを使用して、AWS リソースを管理できるようになりました。


Windows、Linux、または macOS に Windows PowerShell 用 AWS Tools をインストールする手順は、ユーザーガイドに記載されています。

AWS Tools for Windows PowerShell モジュール (AWSPowerShell) も、AWS Tools for Windows MSI インストーラの一部として配布されます。


AWS Tools for PowerShell を使用すると、AWS SDK for .NET で使用できるのと同じアクションの多くを実行できます。Amazon EC2 インスタンスの制御のような即座のタスクについては、コマンドラインからこのツールを使用できます。

 

PS C:\> Start-EC2Instance -InstanceIds i-10a64379

PowerShell スクリプト言語を使用して、AWS のサービス管理を自動化するスクリプトを作成できます。次の例では、EC2 インスタンスのログディレクトリをループし、1 週間以上経過したファイルを見つけて、古いログファイルをディスクから削除する前に、空でないファイルを Amazon S3 にアーカイブします。

 

foreach ($i in Get-ChildItem C:\Logs)
{
    if ($i.CreationTime -lt ($(Get-Date).AddDays(-7)))
    {
        if ($i.Length -gt 0)
        {
            Write-S3Object -BucketName mylogbucket -Key Logs/$i -File $i.FullName
        }
        Remove-Item $i.FullName
    }
}

最後に、PowerShell から AWS のサービスに直接アクセスすることにより、管理スクリプトから AWS クラウドで提供されるすべての内容を活用できるようになります。

 

# Catch an error and page all operators subscribed to the Amazon SNS topic Publish-SNSMessage -TopicArn arn:aws:sns:us-east-1:365928882516:OperationsError -Subject "Database Backup Failure" -Message "(details...)"

# Publish a custom metric to your Amazon CloudWatch dashboard
$dat = New-Object Amazon.CloudWatch.Model.MetricDatum
$dat.Timestamp = (Get-Date).ToUniversalTime()
$dat.MetricName = "New Posts"
$dat.Unit = "Count"
$dat.Value = $newPostCount
Write-CWMetricData -Namespace "Usage Metrics" -MetricData $dat

AWS Tools for PowerShell をインストールしてから、以下のコマンドを実行し、バージョン情報および現在 Tools for PowerShell でサポートされている AWS のサービスのリストを取得します。

Get-AWSPowerShellVersion -ListServiceVersionInfo

詳細情報と例: ユーザーガイド »

GitHub リポジトリで他の開発者とのコミュニケーションを図る »

AWS での Windows の使用に関する詳細を確認する: Windows & .NET 開発者センター »

最新の PowerShell ツールに関する詳細を確認する: リリースノート »