AWS SDK for Go を使用すると、AWS の使用を迅速に開始できます。この SDK を使用して、Amazon S3、Amazon DynamoDB、Amazon SQS などの AWS の各種サービスと Go アプリケーションを簡単に統合できます。

仕組み

AWS SDK for Go は、Go のデベロッパーにとってなじみ深く整合性のあるライブラリを一式提供し、AWS のサービスを簡単に利用できるようにします。シームレスな同時実行のマルチパートファイルアップロード用の Amazon S3 Transfer Manager や、アプリケーションの Go タイプを簡単に統合するための Amazon DynamoDB AttributeValue および Expression ユーティリティなど、開発を簡素化するための高レベルの抽象化をサポートします。GitHub にアクセスして、AWS 関連のオープンソースの Go ライブラリを確認してください。

主な特徴

なじみのある Go 体験

SDK は、最新の Go 言語機能を利用しています。Go モジュールを使用して、アプリケーションに必要なサービスの依存関係をモデル化し、いつ更新するかを制御できます。Go のエラーラッピング機能を利用することもできます。

拡張性

SDK には、各サービス操作のリクエストと応答のパイプラインを拡張またはカスタマイズするために使用できる新しいミドルウェアスタックが導入されています。SDK は、これと同じミドルウェアスタックを使用して、多くのミドルウェアを一緒に構成することにより、各サービス API 操作のワイヤー形式のメッセージをシリアル化および逆シリアル化します。

パフォーマンス

SDK は、ワイヤー形式のメッセージをシリアル化および逆シリアル化することで、コストのかかるランタイムリフレクションを取り除きます。これにより、SDK による CPU とメモリの使用率が大幅に低下し、これらのリソースがさらにアプリケーションに向けて解放されます。

ガイドと例

デベロッパーガイド

デベロッパーガイドでは、AWS SDK for Go v2 の最新バージョンの機能とその使用方法について説明しています。

API リファレンスガイド

Go API リファレンスガイドでは、最新バージョンの AWS SDK for Go の API オペレーションについて説明しています。また、サポートされている各ウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、およびエラーのサンプルが掲載されています。

移行ガイド

AWS SDK for Go v2 移行ガイドでは、SDK for Go バージョン 1 からバージョン 2 に移行する手順をご説明しています。

コードサンプル

SDK for Go コードの例には、アプリケーションの開発を加速するのに役立つ AWS サービスと実際のユースケースが含まれています。

その他のリソース

AWS デベロッパーブログ

Go に関する最新ニュースとお知らせについては、AWS デベロッパーブログをご覧ください。

AWS GitHub リポジトリ

GitHub にアクセスして、AWS SDK と高レベルライブラリリポジトリを表示します。