株式会社フェリシモは、自社企画商品を中心に、独自の視点でセレクトした国内外の商品やサービスを、カタログやウェブサイトなどの独自メディアで生活者に販売する、ダイレクトマーケティングの会社です。

ファッションから生活雑貨、手づくりキット、美容関連、食品など幅広い商品を扱っており、その取扱点数は年間数万種類にも及びます。お客さまとの継 続的・発展的な関係性をもとに、さまざまな事業活動や社会文化活動を展開し、「ともにしあわせになるしあわせ」の経験価値を共創していきたいと考えていま す。

フェリシモウェブサイトの基盤となる従来のサーバー設備は、自社サーバーをデータセンターに200台ほどハウジングしており、3~5年ごとに設備の 定期更新をしていました。しかし、既存の自社サーバー設備の 40% が更新時期を迎えていたことに加えて、ハウジング先のデータセンターの電気料金値上げなどをきっかけに、自社サーバーのリプレイス先候補の選定を開始し、 そのリプレイス先としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を検討することとなりました。

AWS を検討する際、繁忙期を迎えた際に必要となるピーク時(9000万以上のPV)のトラフィック対応、全体としての運用コスト削減を行うことができるかどうかが重要なポイントとなりました。

当社では、4年前に AWS を海外向けサイトで利用していたという実績があり、その利用によって、以下のような点を高く評価しました。

ECサイトの運営をこれまでよりも早く、簡単に、安く実現できる

キャンペーンサイトの早期立ち上げなどのような、今までできなかったことが実現できる

基盤設備が固定費から変動費へ変わる

こうして、海外向けウェブサイト利用での評価の結果、国内のシステム環境にも AWS を導入することとなりました。2012年3月以降、自社のECサイト利用の他、キャンペーンサイトでも AWS を活用しており、Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon S3、Amazon Route53等を利用しています。現在 AWS 上で稼働しているウェブサイトは以下の通りです。

キャンペーンサイト500色鉛筆(Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon S3 を利用)

プマプマルシェ(Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon S3 を利用)

ECサイト(Amazon EC、Amazon RDS、Amazon S3、Amazon Route53、他を利用)

 

 

 

「株式会社フェリシモ様 システム構成図」

jp_diagram_felissimo_1024x689

AWS を導入する際は、最初に影響範囲の少ないキャンペーンサイトでの利用から始めました。その後、ECサイトでの利用についても検証を行った上で、オンプレミスと AWS のハイブリッド構成を構築し、そこから徐々に AWS へ移行させていきました。

当社ではアクセス増などの対策のため、AWS サポートの「ビジネス」プランを利用しています。キャンペーン時には、Elastic Load Balancing のプレウォーミングなど相談させて頂いたのですが、十分な技術的なサポートをいただいたことにより、キャンペーンサイトの負荷対策も万全にできることがわ かり、非常に助かりました。

AWS のコスト効果は想定以上で、新規事業案件には最適だと感じました。当社の場合、AWS を導入したことによって、実際の投資コストだけでは無く、運用監視業務が大幅に削減できるため、運用コスト(サーバーの調達スピード、管理コストなど)で も大きなメリットを得ることができ、これまでと比べ全体として約 30 %以上のコスト削減ができました。

また、キャンペーンサイトの立ち上げの際も、機材の調達などでかかる時間が不要であることに加え、テスト・検証環境が簡単に構築できるため、事業スピードを加速させることができました。

AWS の導入は想定以上のメリットがあり、オンプレミスにどの環境を残すべきか取捨選択していく必要がありそうです。

今後はさらに CDN の検討、BCP 対応のための環境としても AWS の利用を検討していきたいと考えています。

 

 

- 株式会社フェリシモ eビジネス部 部長 島 重仁 様