University of Chicago の Computation Institute では、ゲノム解析などのビッグデータプロジェクト用のソリューションを構築しています。世界中の研究機関が常時利用可能なサービスを提供可能なコスト効率に優れた方法が求められていたため、Globus Transfer サービスと Globus Genomics サービスが AWS でホストされることになりました。同機関では 99% を超える可用性を達成し、インフラストラクチャの構築やメンテナンスではなく、科学者に対する機能提供に注力することが可能になりました。

University of Chicago の Computation Institute は AWS プラットフォームで Globus ツールとサービスを構築している (3:58)

university-of-chicago-thumbnail

クラウド内でのゲノミクスの詳細については、AWS ゲノミクスの詳細ページをご覧ください。

教育機関のニーズに AWS がどのように役立つかについては、教育のためのクラウドコンピューティングの詳細ページをご覧ください。