この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

AWS で動作する FHIR は、医療データのプロバイダー間での移動を促進するための、オープンソースのソフトウェアツールキットです。ソフトウェアシステムやデータの規格、交換インターフェース、関連する出力形式などには依存しません。このサービスでは、サーバーレスの FHIR API を実装することで、FHIR リソースタイプをサポートしています。これにより、医療従事者が医療記録を管理するために FHIR 標準を利用する際に役立つ、各オペレーションが提供されます。

メリット

120 種類を超える FHIR リソースをサポート
空欄
現在、AWS で動作する FHIR では、120 種類 (概算で 140) を超えるFHIR リソースがサポートされており、医療面および財政面での協力な支援もご利用いただけます。今後、さらなるリソースも追加サポートされる予定です。
オペレーションとリソースのためのロールに基づいたアクセスコントロール
非承認のアクセスや、偶発的もしくは悪意のある変更からデータを保護するためには、アクセスコントロールが重要な手段となります。AWS で動作する FHIR により、ロールに基づいたアクセスコントロールが実現します。これにより、データをアクセスできるユーザーや、そこで実行可能なオペレーションを制限できます。
既存のデータベースやシステムと接続するための拡張性
内部データベースへのリソースデータの保存は、FHIR インターフェースにとっての重要なユースケースの 1 つです。これに加え、デベロッパーは接続と切り離しが可能なフレームワークを使用しながら AWS で動作する FHIR を、既存のデータベースやレガシーシステムと同じように動作するよう拡張できます。
開発用途向けの実装例
このソリューションは、ソフトウェアエンジニアやシステムインテグレータおよび医療系の情報技術チームが、それぞれ独自の製品を強化する際に役立ちます。各チームは、GitHub レポジトリで提供されるドキュメントを参照しながら、自身のソリューションにコードを取り入れることができます。また、このフレームワークでは、各要素をカスタマイズしたり、ソリューションのパーツを自身のものと置き換えることも可能です。

AWS ソリューション実装の概要

下図は、このソリューションの実装ガイド使用して自動的にデプロイする際のアーキテクチャを表しています。このガイドには、デプロイに必要な AWS CloudFormation テンプレートも含まれています。

AWS で動作する FHIR | アーキテクチャ図
 拡大イメージを見る

AWS で動作する FHIR のソリューション実装アーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレート により、FHIR HTTPS リクエストを処理する際に必要な、サーバーレスのインフラストラクチャーがデプロイされます。これには、次が含まれます。 

  • 1 つの Amazon Cognito ユーザープール、ドメイン、およびクライアント。これにより、リクエストを送っているユーザーの ID を承認し、どのグループに属しているかの判断が行われます。
  • Lambda 関数にリクエストをルーティングするための、1 つの Amazon API Gateway。この API Gateway には、Amazon Cognito のオーソライザーも備わっています。これにより、Amazon Cognito ユーザープールにより作成された有効な access_token を、リクエストが持っていることを確認します。
  • 2 つの AWS Lambda 関数。この関数の 1 つでは、FHIR リクエストを処理し、それらを次のように適切な永続的レイヤーにルーティングします。非構造化 FHIR リソースは Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、(CRUD) オペレーションの作成、読み取り、更新、削除は Amazon DynamoDB、すべての検索処理は Amazon ElasticSearch Service (Amazon ES)。もう一方の関数では、FHIR リソースの DynamoDB テーブルから変更内容を読み取り、その内容を Amazon ES に対しストリームします。
  • 書き込み処理が更新を Amazon ES ドメインにストリームした後、すべての構造化 FHIR リソースを保存するための、1 つの FHIR リソース DynamoDB テーブル。
  • FHIR の検索リクエストをサポートする、1 つの Amazon ES ドメイン。
  • FHIR のバイナリリソース (非構造化データ、X 線画像、手書きのメモなど) を保持するための、1 つの Amazon S3 バケット。
  • 4 つの AWS Key Management Service (AWS KMS) キー。これにより DynamoDB、Amazon S3、Amazon CloudWatch Logs、および Amazon ES ドメインが暗号化されます。
API へのリクエストとその応答は、Amazon CloudWatch 内にログ記録され、コストの最適化を図るために、Amazon S3 にアーカイブするオプションも利用可能です。

 

AWS で動作する FHIR

バージョン 2.1.3
リリース日: 2021 年 5 月
作成者: AWS

見積りデプロイ時間: 20 分

ソースコード  CloudFormation テンプレート 
このソリューション実装の更新を受け取るには、下のボタンを使用してサブスクライブしてください。
注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。
このソリューション実装は役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら