この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

Machine to Cloud 接続フレームワークは、工場設備を AWS クラウドに安全に接続します。このソリューションにより、高速かつ堅牢なデータ取り込み、機器データの信頼性と耐久性に優れたストレージ、工場の設定管理に役立つイベント駆動型サーバーレスアプリケーションが実現します。このソリューションは、デプロイが容易で、工場の効率や稼働時間の向上、生産の柔軟性の改善、新しいビジネス機会の特定を推進することに役立ちます。

デフォルトでは、このソリューションは、OPC Data Access (OPC DA) プロトコルと CC-Link パートナーアソシエーション (CLPA) の Seamless Message Protocol (SLMP) を使用して設備と接続します。 ですが、このソリューションをリファレンスとして使用して、工場設備で使用するプロトコルのコネクタを構築することもできます。

AWS ソリューション実装の概要

AWS は、AWS IoT サービスを使用して、接続されたデバイスからデータを収集し、そのデータをクラウドに送信するソリューションを提供しています。下図は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャを表しています。

Machine to Cloud 接続フレームワーク | アーキテクチャ図
 クリックして拡大

Machine to Cloud 接続フレームワークのアーキテクチャ

このソリューションの AWS CloudFormation テンプレートは、AWS IoT Core トピック、AWS IoT Greengrass、および AWS Lambda 関数をデプロイして、工場設備と AWS クラウド間の通信を管理します。テンプレートは、ジョブメタデータを保存するための Amazon DynamoDB と、ジョブファイルを保存するための Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) もデプロイします。

ユーザーは、設備、設備から読み取りたいデータ、データを読み取りたい頻度に関する情報が記載されたジョブリクエストを作成します。AWS Lambda はリクエストを機械が読める形式に変換し、変換されたリクエストを接続されたデバイスに押し込んで、AWS IoT Greengrass を実行しているデバイスゲートウェイにリクエストを保存します。AWS IoT Greengrass で実行している AWS Lambda は、変換されたリクエストを読み取り、デバイスゲートウェイと設備間の接続を確立し、リクエストで定義されたデータを取得して、AWS IoT Core のトピックに送信します。

データは人間が読める形式に変換され、AWS IoT Core のトピックに投稿されます。その後で、ルールエンジンを使用して、データに対して実行するアクションを指定できます。

Machine to Cloud 接続フレームワーク

バージョン 2.0
最終更新日: 2019 年 10 月
著者: AWS

見積りデプロイ時間: 10 分

ソースコード  CloudFormation テンプレート 
下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 

特徴

カスタマイズ可能

このソリューションは、OPC DA プロトコルまたは SLMP を使用する設備と接続します。ただし、このソリューションをリファレンスとして使用して、工場設備に使用されるプロトコルの安全なクラウド接続を構築できます。

拡張性

AWS IoT Core の設備データを独自のデータレイクまたは可視化ツールにプッシュしたり、予測メンテナンスのためにデータに対して機械学習モデルを実行したり、通知やアラートを作成したりできます。
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら