この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

このソリューションの実装により、オペレーションテクノロジー (OT) の管理者は、機械や産業機器を AWS クラウドに安全に接続できるようになります。このソリューションは、AWS IoT Greengrass を自動的にデプロイして構成し、AWS IoT SiteWise との統合を提供します。機械や産業用アセットの遠隔測定データは、AWS IoT SiteWise と Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に公開され、産業用データレイクに機械の遠隔測定データが蓄積され、可視化、分析、機械学習によるインサイトをサポートします。このソリューションは、OPC Data Access (OPC-DA) および OPC Unified Architecture (OPC-UA) プロトコルのサポートを提供します。

関連コンテンツを確認するにはこちらをクリック 

利点

AWS IoT Greengrass のデプロイをオートメーション化
エッジデバイス上の AWS IoT Greengrass リソースの作成と構成をオートメーション化することで、実装を簡素化し、迅速なセットアップと実行をサポートします。
セキュアな各種のプロトコルを使用したカスタマイズ
OPC DA または OPC UA プロトコルのいずれかにより、AWS IoT SiteWise Connector を使用するソースからの堅牢なデータの取り込みが可能このソリューションをリファレンスとして使用すれば、工場設備の要件に応じて追加の産業用プロトコルでの、安全なクラウド接続の構築も可能になります。
AWS クラウドの複数の送信先にデータを公開
データを AWS IoT Core トピックや AWS IoT SiteWise に送信して分析やモニタリングに活用したり、Amazon S3 を使用して産業用データレイクにデータを保存し、追加の分析や機械学習サービスを活用したりすることができます。産業用データソースと AWS のサービスとの間の接続の作成と管理は、ソリューションに含まれるウェブユーザーインターフェイスによって提供されます。

AWS ソリューション実装の概要

下の図では、このソリューションの実装ガイドと、それに付属する AWS CloudFormation テンプレートを使用して、デプロイを自動的に行う際のアーキテクチャを表しています。

Machine to Cloud 接続フレームワーク | アーキテクチャ図
 クリックして拡大

Machine to Cloud 接続フレームワークのアーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、次のインフラストラクチャをデプロイします。

  1. Amazon CloudFront ユーザーインターフェイスは、ウェブホスティング用に設定された Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにデプロイします。
  2. Amazon API Gateway API は、クライアントリクエストのためのユーザーインターフェイスを提供します。
  3. Amazon Cognito のユーザープールは、API リクエストを認証します。
  4. AWS Lambda 関数は、AWS IoT GreengrassAWS IoT SiteWise ゲートウェイリソースの構成とデプロイのメカニズムだけでなく、ユーザーインターフェイスを強化します。これらの Lambda 関数は、m2c2/job/<connectionName> AWS IoT トピック (AWS IoT Core) にメッセージを送信し、AWS IoT Greengrass がメッセージを購読します。Amazon DynamoDB テーブルは、接続のメタデータを保存します。
  5. 任意の OPC UA データソース用の AWS IoT SiteWise ゲートウェイ構成
  6. Amazon Kinesis Data Streams データストリーム、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon S3 バケットに遠隔測定データを保存。
  7. AWS IoT Greengrass は、オンプレミスの産業用ゲートウェイにインストールして使用し、プロトコルコネクタの Lambda 関数を実行して、OPC UA と OPC DA サーバーに接続し、遠隔測定データを読み取ります。
  8. Lambda 関数は、産業用ゲートウェイ上の AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアにデプロイされ、サーバーに接続して、設定された送信先にデータを送信します。
  9. 遠隔測定データを収集する Lambda 関数は、AWS IoT Greengrass のストリーミング管理のストリーミングに書き込みます。パブリッシャーの Lambda 関数は、ストリーミングから読み込みます。

ステップ 10 では、パブリッシャーの Lambda 関数がデータを適切なエンドポイントに転送します。

Machine to Cloud 接続フレームワーク

バージョン 3.0.0
最終更新日: 2021 年 7 月
作成者: AWS

推定デプロイ時間: 5 分

予想コスト  ソースコード  CloudFormation テンプレート 
下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
AWS アーキテクチャブログ
Machine to Cloud ソリューションを介して産業データを AWS に安全に取り込みます。
製造企業として、業務効率を最大化し、生産を最適化することは、競争の激しいグローバル市場において重要な要素です。しかし、多くの製造業者は、データを収集し、繋ぎ合わせ、パフォーマンスを最適化するためのインサイトを生むことができません。
 
Machine to Cloud Connectivity Framework (M2C2) ソリューションによって、製造業者が製造現場のデータを AWS のさまざまなデータ送信先に安全に取り込む方法を説明します。
ブログ投稿の全文を読む 
先頭に戻る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら