Machine to Cloud 接続フレームワーク

堅牢なデータインジェストのために、オンプレミスの運用テクノロジーアセットを AWS クラウドに接続

マシンからクラウドへの接続フレームワークは、2024 年 2 月 28 日に廃止されます。それ以降も既存のデプロイ環境はすべて機能し続け、お客様は環境とデータの完全な制御を保持できますが、ソリューションのサポートやメンテナンスは行われません。

概要

この AWS ソリューションにより、オペレーションテクノロジー (OT) の管理者は、機械や産業機器を AWS クラウドに安全に接続できるようになります。このソリューションは、AWS IoT Greengrass を自動的にデプロイして構成し、AWS IoT SiteWise との統合を提供します。機械や産業アセットの遠隔測定データを AWS IoT SiteWise と Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に発行し、産業用データレイクに機械の遠隔測定データを蓄積し、可視化、分析、機械学習によるインサイトをサポートすることが可能です。このソリューションは、OPC データアクセス (OPC-DA) と OPC ユニファイドアーキテクチャ (OPC-UA) の両方のプロトコルをサポートし、OSIsoft PI Web API を通じて、時系列データのストリーミングをサポートします。

 

メリット

AWS IoT Greengrass のデプロイをオートメーション化
エッジデバイス上の AWS IoT Greengrass リソースの作成と構成をオートメーション化することで、実装を簡素化し、迅速なセットアップと実行をサポートします。
セキュアな各種のプロトコルを使用したカスタマイズ

OPC-DA または OPC-UA プロトコルのいずれかで AWS IoT SiteWise Connector を使用する、または OSIsoft PI Web API を使用する、ソースからの堅牢なデータインジェストを活用します。このソリューションをリファレンスとして使用すれば、工場設備要件に応じて追加の産業用プロトコルでの、安全なクラウド接続の構築も可能になります。

AWS クラウドの複数の送信先にデータを公開
データを AWS IoT Core トピックや AWS IoT SiteWise に送信して分析やモニタリングに活用したり、Amazon S3 を使用して産業用データレイクにデータを保存し、追加の分析や機械学習サービスを活用したりすることができます。このソリューションには、産業用データソースと AWS のサービス間の接続を作成および管理するためのウェブユーザーインターフェイスが含まれています。

技術的な詳細情報

下図は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャを表しています。

 

AWS アーキテクチャブログ
Machine to Cloud ソリューションを介して産業データを AWS に安全に取り込みます。
製造企業として、業務効率を最大化し、生産を最適化することは、競争の激しいグローバル市場において重要な要素です。しかし、多くの製造業者は、データを収集し、繋ぎ合わせ、パフォーマンスを最適化するためのインサイトを生むことができません。
 
Machine to Cloud 接続フレームワークソリューションによって、製造業者が製造現場のデータを AWS のさまざまなデータ送信先に安全に取り込む方法を説明します。
ブログを読む 
このデプロイについて
バージョン
4.2.4
リリース
2023 年 11 月
作成者
AWS
予想されるデプロイ時間
10 分
推定コスト
ソースコード  CloudFormation テンプレート  RSS フィードを購読 
デプロイオプション
開始のステップ
AWS コンソールでこのソリューションを起動し、デプロイする

サポートが必要ですか? パートナーとデプロイ。
このデプロイメントを支援する AWS 認定サードパーティエキスパートを探す
この AWS ソリューションは役に立ちましたか?
フィードバックを送る