この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

このソリューション実装により、工場のフロアマネージャーは、製造設備を AWS クラウドに安全に接続できるようになります。この実装では、製造設備から AWSアカウントにテレメトリを取り込むためのフレームワークが提供されます。この機能により、基盤となる接続インフラストラクチャーを管理することなく、データの解析作業に注力できるようになります。このソリューションでは、OPC Data Access (OPC DA) プロトコルと CC-Link パートナーアソシエーション (CLPA) の Seamless Message Protocol (SLMP) を使用する、ロバストなデータ取り込みがサポートされています。

利点

セキュアな各種のプロトコルを使用したカスタマイズ
このソリューションは、OPC DA プロトコルまたは SLMP を使用する設備と接続します。また、このソリューションをリファレンスとして使用すれば、お客様の工場設備で使用されているプロトコルでの、安全なクラウド接続の構築も可能になります。
拡張性のあるフレームワーク
お客様は、データを所定の Kinesis データストリームを通じて送信するためのオプションもご利用になれます。このデータは Amazon S3 に保存することも、AWS IoT Core を通じて外部のデータレイクや可視化ツールに公開することも可能です。また、このデータを機械学習モデルで処理し設備保守の予測を立てたり、通知やアラートを発生させることもできます。
Greengrass リソース作成の自動化
このソリューションでは、Greengrass リソースの作成を自動化できます。また、エッジデバイスの設定を自動化すれば、デバイスのセットアップや設定を簡素化できます。

AWS ソリューション実装の概要

下の図では、このソリューションの実装ガイドと、それに付属する AWS CloudFormation テンプレートを使用して、デプロイを自動的に行う際のアーキテクチャを表しています。

Machine to Cloud 接続フレームワーク | アーキテクチャ図
 クリックして拡大

Machine to Cloud 接続フレームワークのアーキテクチャ

デフォルトのパラメータを使用しながら AWS CloudFormation テンプレートをデプロイすると、AWS IoT Greengrass v1.0、AWS Lambda 関数、Amazon Kinesis Data StreamsAmazon Kinesis Data Firehose、および AWS IoT Core が、ご使用の AWS アカウント内で設定されアクティブ化されます。これらの AWS のサービスにより、生産設備とクラウドアプリケーションや他の装置との間に安全な接続が行われ、相互にやり取りできるようになります。

  1. お客様は、デプロイコントロールを使用して IoT トピック にジョブ定義をパブリッシュします。
    • ジョブ定義では、収集されているテレメトリデータに関する詳細が指定されます。これには、ソースマシンが使用しているプロトコルや、データ収集に固有のタグ、さらにデータ収集のポーリング頻度などが含まれています。
    • デプロイコントロールは、新規のジョブが作成される際にシステムと通信を行います。
  2. このメッセージは AWS IoT Core にルーティングされ、その IoT ルールが、メッセージをジョブビルダーの Lambda 関数に転送します。
  3. ジョブビルダーの Lambda 関数は、リクエストを受け取ると装置接続用の Lambda 関数を新たに作成します。さらに、Amazon DynamoDB や (使用されているプロトコルによっては) Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に対して、ジョブデータを書き込みます。また、Greengrass グループも、必要な設定内容で更新されます。
  4. この Greengrass グループは、装置接続用の新しい Lambda 関数と供に、インダストリアルゲートウェイにデプロイされます。
  5. 装置接続用の Lambda 関数は、ジョブ定義での指定に従い、工業デバイスへの接続を確立します
  6. この接続が完了すると、デバイスからのテレメトリデータが装置接続用の Lambda 関数により受信されるようになります。そしてこのデータは、Kinesis データストリームや IoT トピックに送出されます。
  7. デフォルトの設定では、データストリームに送られたデータは、Kinesis Data Firehose の配信ストリームにより取得され、バッチ処理が行われた後で Amazon S3 に保存されます。
下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら