この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

スマート製品ソリューションでは、製品と AWS クラウドを安全に接続できるようサポートを行います。また、このソリューションには、製品内でローカルコンピューティングを行うための機能、高度なイベントルール、データの処理およびストレージが含まれます。このソリューションにより、高速かつ堅牢なデータ取り込み、信頼性と耐久性に優れた製品テレメトリデータ用ストレージ、データ分析用のシンプルでスケーラブルなビッグデータサービスに加え、顧客とつながるためのグローバルメッセージングとアプリケーションサービスを実現することができます。

このソリューションの目的は、コネクテッド製品サービスのフレームワークを提供することです。基盤となるインフラストラクチャでの処理を管理する必要はなく、ソリューション機能の充実に集中できます。このフレームワークで構築して、さまざまなユースケースに対処できます。

このソリューション実装の最新バージョンでは、最新の Node.js ランタイムを使用します。バージョン 1.0 は Node.js 8.10 ランタイムを使用します。このランタイムは、2019 年 12 月 31 日にサポートが終了しました。このソリューションの最新バージョンをアップグレードするには、新しいスタックとしてソリューションをデプロイする必要があります。詳細については、デプロイガイドを参照してください。

AWS ソリューション実装の概要

AWS は、AWS IoT サービスを使用してスマートプロダクトからデータを収集し、そのデータをクラウドに送信し、データを分析するソリューションを提供しています。下図は、このソリューションのガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して構築することができるコンポーネントと機能を示しています。

スマートプロダクトソリューション | アーキテクチャ図
スマートプロダクトソリューション | アーキテクチャ図
 クリックして拡大する

スマートプロダクトソリューションのアーキテクチャ

スマートプロダクトソリューションは、AWS IoT サービスを利用して、コネクテッド製品からのメッセージをビジネスルールに従って取り込み、処理します。ソリューションを起動すると、AWS クラウド開発キット (AWS CDK) と AWS CloudFormation を使用してソリューションのアーキテクチャをデプロイする継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) パイプラインがデプロイされます。

ソリューションの CI/CD パイプラインは、スマートプロダクトからのメッセージを認証し、これらのメッセージをソリューションのマイクロサービス (AWS Lambda 関数) にルーティングする AWS IoT Core、デバイスを継続的に監査して、デバイスがセキュリティのベストプラクティスから逸脱していないことを確認する AWS IoT Device Defender、スマートプロダクトのデータを分析する AWS IoT Analytics をデプロイします。

テンプレートは、スマートプロダクトに関するさまざまな詳細を格納する Amazon DynamoDB、スマートプロダクトのオペレーションを実行し、スマートプロダクトでデータを収集するビジネスロジックを提供する Lambda 関数、スマートプロダクトからメッセージを発行し、これらのメッセージをサブスクライバーや他のアプリケーションに配信する Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) もデプロイします。

このソリューションは AWS Amplify を利用したウェブコンソールを作成し、ウェブホスティング用に設定した Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにこれをデプロイします。Amazon CloudFront はバケットへのパブリックアクセスを提供します。

また、ソリューションは、ソリューションの RESTful API をホストするように Amazon API Gateway を設定し、Amazon Cognito ユーザープールをデプロイします。これを使用して、含まれているウェブコンソールにユーザー登録とサインインを追加できます。

スマートプロダクトソリューション

バージョン 1.0.2
最終更新日: 2020 年 2 月
著者: AWS

見積りデプロイ時間: 3 分

下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

特徴

安全性の高い接続

AWS IoT を利用すると、スマートプロダクトを AWS クラウドにセキュアに接続できます。

ウェブコンソール

シンプルなウェブユーザーインターフェイスをデプロイして、スマートプロダクトとのインタラクションを管理できます。
アイコンについて調べる
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
「APN パートナーを見つける」のアイコン
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンを作成する
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら