ファイルゲートウェイ

ローカルキャッシュを使用して、NFS または SMB ファイルベースのアプリケーションから Amazon S3 のオブジェクトを保存およびアクセスします。

業界に関係なくほとんどの企業では、バックアップファイル、メディアコンテンツファイル、業界の専門アプリケーションが作成するファイルなどを保存する必要があります。オンプレミスインフラストラクチャを管理およびスケーリングし、そうしたバックアップファイルやコンテンツファイル向けのオンラインストレージを提供し配信するのは、多くの場合コストのかかる面倒な作業で、高額なハードウェアの更新、データセンターの拡張、さらにソフトウェアライセンスを必要とします。こうした大容量ファイルデータのリポジトリは、専用のファイルサーバー、NAS ユニット、またはバックアップシステムにサイロ化され、ビッグデータ分析やメディア処理用のアプリケーションのためのアクセスを制限する可能性があります。

ファイルゲートウェイを使用すると、シームレスにクラウドに接続でき、アプリケーションのデータファイルやバックアップイメージを耐久性の高いオブジェクトとして Amazon S3 クラウドストレージに保存できます。ファイルゲートウェイの場合、ローカルキャッシュを使用して、Amazon S3 のデータに SMB または NFS ベースでアクセスできます。ファイルゲートウェイは、オンプレミスのアプリケーションで使用可能です。また、S3 オブジェクトストレージへのファイルプロトコルアクセスを必要とする、Amazon EC2 ベースのアプリケーションでも使用できます。

ファイルゲートウェイの概要 – AWS クラウドへのオンプレミスのバックアップ(7:08)

仕組み

ファイルゲートウェイのしくみ

利点

実質無制限でオンデマンドのクラウドストレージへのオンプレミスアクセスを提供

AWS クラウドをご自身のデータセンターに拡張

既存のアプリケーションを変更する必要はありません

物理インフラストラクチャ、コスト、複雑さを軽減

他の AWS のサービスで使用するデータを Amazon S3 に取り込み

NFS と SMB で標準のストレージプロトコルを利用

ユースケース

オンプレミスのバックアップをクラウドに移行

データベースやファイルのバックアップをクラウドに移行し、オンプレミスのストレージ容量を解放します。多くの企業がクラウドの導入を開始する際にまず行うことは、バックアップのような二次的および三次的なデータのクラウドへの移行です。ファイルゲートウェイの SMB および NFS インターフェイスは、既存のオンプレミスバックアップシステムからクラウドに簡単に移行するための最適な方法を提供します。SMB または NFS に書き込むことができるバックアップアプリケーション、ネイティブデータベースツール、またはスクリプトはすべて、ファイルゲートウェイにも書き込むことが可能です。十分なサイズのローカルキャッシュを使用することで、最新のバックアップをオンサイトでの高速な復元に利用できます。長期保存のニーズに対応するには、S3 標準、S3 低頻度アクセス、S3 Glacier、S3 Glacier Deep Archive のような低コストの S3 ストレージクラスにバックアップを階層化することで対処できます。

クラウドストレージを利用したオンプレミスのファイル共有

使いやすく、コスト効率が高く、スケーラブルなファイルストレージを必要とするオンプレミスアプリケーションは、多くの場合、オンプレミスストレージアレイの容量を使い果たし、3〜5 年ごとに高価なハードウェアの交換サイクルが必要になります。S3 Glacier および S3 Glacier Deep Archive を使用することで、履歴データやアーカイブデータを、高価なオンプレミスの高性能 NAS システムから低コストのクラウドのアーカイブストレージにオフロードできます。オンプレミスのファイルワークロードの多くでは、高価なストレージアレイは必要ありません。ファイルゲートウェイでは、SMB または NFS を使った既存の Windows または Linux アプリケーションで動作する S3 ベースのファイル共有を提供することで、実質無制限でファイルをクラウドストレージへオンプレミスでアクセスできるようにします。 

オンプレミスアプリケーションからクラウド内データへ、低いレイテンシーでアクセス

分散した場所からクラウドストレージ内のファイルにすばやくアクセスし、必要に応じて容量をスケーリングします。クラウドでデータを処理し、ゲートウェイのキャッシュを自動的に更新して最新の結果を取得します。データは、コスト効率の高い方法でクラウドに一元的に保存されます。 ファイルゲートウェイでは、ファイルが Amazon S3 の永続オブジェクトとして保存されるため、お客様がオンプレミスでこのデータ用の実質無制限のクラウドストレージにアクセスできます。ファイルゲートウェイを使用すれば、グローバルに広がるアプリケーョンワークフローのおかげで、AWS に保存されているデータにオンデマンドかつ低いレイテンシーでアクセスできます。

お客様

Moderna Therapeutics は新種の薬物の先駆者で、さまざまな薬物療法や治療領域にわたり、多くの疾患を治療できる大きな可能性を秘めています。AWS Storage Gateway で、Moderna がデータをクラウドに移行する方法が大きく変わりました。ファイルゲートウェイを使用することで、Moderna は解析機器からのデータファイルを容易に統合できるようになりました。また、透過的な Amazon S3 ストレージを使用することで、クラウドベースのアプリケーションを簡単に接続し、強力な S3 のストレージ機能を活用しています。ファイルゲートウェイを使って、Moderna は同社の機器データで AWS の機能をフル活用できるようになりました。
600x400_Kellogs-Logo
ケロッグはバックアップにファイルゲートウェイを使用することで、ソフトウェアとインフラストラクチャにかかるコストを 90% 削減しました。ケロッグは前払いでのコストを支払う必要がなかったため、実質的なコストを回避できました。さらにリソースを 25% 削減し、インスタンスの一部を縮小することもできました。
600x400_King_Logo
King は、有名なキャンディークラッシュのモバイルゲームをフランチャイズしている大手インタラクティブエンターテイメント企業です。Storage Gateway のおかげで、オフサイトでバックアップを保存したり、大きなファイルのオンラインアーカイブを作成したり、ファイルサーバーを簡単に拡張したりできるようになりました。King はファイルゲートウェイを使って最も使用されているファイルをローカルに保持し、すべてのファイルを AWS に安全に保存できます。同社では、大容量のストレージがすぐに必要なときはいつでも Storage Gateway を使用しています。
mli_600x400_Celgene
Celgene は、研究でのコンピューティング的側面をウェットラボと統合するという大きな課題と向き合っていました。Celgene では Storage Gateway と DataSync を使用して、オンプレミスのウェットラボを AWS ストレージと同期しています。サイエンティストがファイルをクラウドに直接保存できるようにすることで、転送時間を待つことなく次の実験に進むことができるようになりました。そのため、スペースが不足することはありません。
600X400_StemCell
STEMCELL は、2014 年から AWS Storage Gateway を使用するなど、長年の間 AWS を導入しています。また、同社の IT オペレーションの 85% をクラウドに移行しています。STEMCELL はファイルゲートウェイを使用して、データへ高性能でスケーラブルかつ低レイテンシーなローカルアクセスを行い、画像を分析し取り込んでいます。ファイルゲートウェイではビジネスワークフローの変更や IT スタッフの再トレーニングの必要がないため、STEMCELL は設備投資を削減できました。
AWS Storage Gateway のお客様の声をさらに聞く »

主なファイルゲートウェイのリソース

Tech Talk: AWS へのファイルデータの移行(デモと技術的ガイダンス)(39:43)
re:Invent セッション: AWS Storage Gateway を使用してハイブリッドストレージアーキテクチャを構築する (53:22)
ファイルゲートウェイで既存のアプリケーションから Amazon S3 にデータを簡単に転送する(5:25)

ファイルゲートウェイに関するブログ記事

AWS Storage Gateway 料金の詳細

料金ページを見る
構築を始めましょう。
AWS Storage Gateway の使用を開始する
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ