最初のミーティングの作成および計画を支援するチェックリスト

GitHub には、イベントの 30 日前から当日までについて説明した優れた開発者イベント向けガイドラインがあります。完全なチェックリストを表示するには、Meetup Organizer Timeline にアクセスしてください。

開始する

まず、グループをホストするプラットフォームを考える必要があります。選択肢は豊富にありますが、ほとんどのユーザーグループリーダーは Meetup.com を選択しています。他のユーザーグループリーダーとの接続や近くにいるグループメンバーの検索が最も簡単だからです。重要なこととして、選択したプラットフォームのタイプがコミュニケーションスタイルやセットアップのしやすさに影響することにご注意ください。グループにとって最適なプラットフォームを選択してください。Google+ または Facebook でコミュニティを作成することも考慮できます。

リーダーを選択する

サインアップして、グループを作成した人が、リーダーです。しかし、リーダーグループを拡張して、責務を果たすのを手伝うことのできる他のメンバーを追加することを考慮する必要があります。ユーザーグループを成功させる最も重要な側面の 1 つは、熱心なリーダーチームがあることです。グループリーダーや主催者がやる気を持ち、機知に富んでいる必要があります。リーダーが忙しくてミーティングをホストできなくなった場合には、共同主催者(リーダーチーム)が代役として引き継ぐことができます。

優れたリーダーの条件

通常、強い目的意識があり、自発的な人は、ユーザーグループの優れたリーダーになります。共同主催者を探して、リーダーチームに参加してもらう場合、様々なスキルを持つ少数の人を共同主催者にするのが最善です。AWS を技術的に深く理解している人を共同主催者にするなら、高い品質のプレゼンテーションを探し、作成するのに役立ちます。サイトでの E メールやフォーラムの仕組みを詳しく理解している几帳面で信頼でき、機知に富んだ人も必要です。口コミやソーシャルチャネルでイベントを効果的に宣伝するのを手伝うことのできる人を含めることもお勧めします。例えば、ある分野に強い人は、他の分野に優れるメンバーをリーダーチームに含めることを考えることができます。

コンテンツを見つける

強力なプログラムや内容により、優秀なユーザーグループが結成され、熱心なメンバーが集まります。複数のウェブサービスでそれを無限に実装することで、選択できる豊富な内容を持つことができるでしょう。手始めに、グループメンバーにコンテンツのアイディアや講師案について尋ねてみます。アイディアを選択したなら、グループ内にその分野の専門家がいないか調査し、いる場合には講演をしてもらえるかどうか尋ねます。講師を見つけられない場合は、講師になりそうな人についてグループメンバーに提案または紹介してもらいます。

講師には、エキサイティングなアプリケーションや特定領域の専門知識を持つコミュニティメンバー、サービスプロバイダ、AWS からの参加者、またはその他の技術・ウェブサービスプロバイダなどを含めるとよいでしょう。優秀なグループは、講師を事前に予約し、そのグループのニーズや興味を講演者に伝えておくものです。直前に講演者のキャンセルが入った場合に備え、必ず代替プランを立てておいてください。

AWS エバンジェリストが、新しく加わった機能やその他の AWS の開発に関し、いつでも講演させていただきます。会合に AWS テクニカルエバンジェリストをお招きいただくことをご検討中の場合は、evangelists@amazon.com までご連絡ください。

ミーティングスペースを選択する/グループでミーティングをする

オンラインで会合の調整を行うことはよいことですが、それでもやはりグループの物理的なミーティングスペースを確保する必要があります。ミーティングスペースを調査、決定および予約するのは、ユーザーグループリーダーの責任です。無料のスペースもありますが、使用料が必要なスペースもあります。ミーティングでグループを招待することを発表する前に、会場の所有者と連絡を取ってください。

プロジェクタが設置され、インターネット接続がある、信頼できる会議場所を見つけてください。メンバーで使用できる会議室を持っている人がいないか尋ねてみてください。コミュニティクラブ、地域にある会社、別室があるレストランも当たってみてください。また、最寄りのユーザーグループに連絡して、彼らが使っている場所を聞くのもよいかもしれません。

事前に月例会、公開するトピックを計画し、準備してください。しかし、最も重要なのは、楽しい時を過すことです。

どこから手を付けてよいのかわからない場合は、次の提案を参考にしてください。

•       WeWork や Office Nomands といった共同作業スペース

•       自分のオフィスでイベントをホストできる可能性があるグループメンバーがいないか確認する

•       自分のオフィスに利用できる一般開放のミーティングスペースがないか確認する

•       大学施設

•       一般開放のコミュニティ会場

コミュニティを作る

メンバーは様々な理由でグループに参加するものですが、最も一般的な理由は、特定の技術を実装するための実践的な知識を得るため、またはネットワークを作り自分のビジネスを成長させるためというものです。優秀なグループは、目標を話し合い、その意図に関して率直であるべきです。グループメンバーとの信頼関係を確立し、定期的に連絡し合うことで、強力なコミュニティを作ってください。管理や宣伝のためのミーティングやグループとのコミュニケーションには、Meetup.com といった、実績があり、最も普及しているツールを使用できます。

グループの宣伝を行う最も簡単な方法の 1 つは、自分の Twitter、Facebook、Google+ フィードに投稿することです。連絡先の中に同じ分野の愛好家がいる可能性がありますし、関心事が共通の他の人に紹介してもらえる可能性もあります。コミュニティの質は規模と同じほど重要です。会合のコンテンツを集めることに集中し、定期的に集まれるようにしてください。

最初のミーティングを計画する

 

最初のミーティングに関する最善の計画は、グループによって異なります。ミーティングを計画する前に、スレッドを立てるか調査を行い、グループメンバーにとって最も都合のよい日時を尋ねます。いくつかの選択肢を設定し、グループで都合のよい人が最も多い選択肢を最初のミーティング日時として選択します。定期的な会合を計画するなら、グループメンバーはミーティングに参加するよう事前に計画できます。これにより、参加者の人数は増え、不満や混乱が減ります。

イベントの前に確認メールを送信することは重要で、イベントの一部が変更された場合は特にそう言えます。コミュニティのメンバーが送信した E メールに返信するための十分な時間を取り、質問が生じた場合は、すぐにそれに回答します。最後に、イベントが終了した後にイベントについてのフィードバックを提出してもらうなら、会合を引き続き向上させることができます。

すべての準備が整い、グループを作成し、リーダーチームのメンバーを探し、最初のミーティングを計画したなら、必ず AWS コミュニティチームに連絡して、AWS 公式のユーザーグループページにグループが追加されるようにしてください。ぜひお問い合わせください。イベント促進のお手伝いをし、追加のガイダンスをご提供できます。AWS コミュニティが成長するのを楽しみにしています!

まずは無料で始める »

サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

日本担当チームへお問い合わせ

導入に関するご質問、お見積りなどご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。

AWS のご利用開始方法 ≫

アカウント作成、Amazon EC2、Amazon S3 の開始方法を動画でわかりやすくご紹介いたします。