アマゾン ウェブ サービスは、スケーラブルなホスティング、可用性の高いウェブサイトやウェブアプリケーションを、より容易かつ安価に実現できます。AWS は、使用率が低いリソースを回避しながらアーキテクチャを柔軟にスケールし、同時にテンプレート、パートナー、ツールの複雑さを軽減して、ウェブサイトの作成と実行に関する面倒な作業のほとんどを担ってくれるツールを提供しています。 AWS でウェブサイトを構築する方法に関する参照アーキテクチャ、ホワイトペーパー、ハンズオンラボ、ビデオなどを以下からご覧いただけます。AWS のご利用が初めてのお客様は、「AWS クラウドのご利用開始方法」ページをご覧ください。

従来の 3 階層ウェブアプリケーションの場合は、こちらのを使うと、AWS にウェブサイトを開発、デプロイするためのサービスやアーキテクチャを理解できます。AWS でのウェブサイト構築に関するベストプラクティスの詳細については、ウェブアプリケーションベストプラクティスホワイトペーパーで読むことができます。


アマゾン ウェブ サービスご利用開始ガイドは、AWS で初めてウェブアプリケーションを稼働させるために知っておくべきことを素早く理解するのに役立ちます。 踏むべきステップに関する手順だけでなく、どのような理由で何を行っているかを把握するための説明も含まれています。ガイド内の画像は、手順に従ったときに表示される画面を視覚的に確認するのに役立ち、読んで、見て、実際に試して学ぶことができます。

AWS ご利用開始ガイドは次のことに役立ちます。

  • AWS でウェブアプリケーションを起動、実行する簡単な方法を学ぶ。
  • 希望のアプリケーションを実際に稼働させる。
  • 作業しながら各ステップに関する説明を読む。
  • 各アクションの重要性を理解する。
training
ウェブアプリケーションホスティング(Linux 用)
表示
ウェブアプリケーションホスティング(Windows 用)
表示
AWS で静的ウェブサイトをホストする
表示
ウェブアプリケーションをデプロイする(Node.JS および Elastic Beanstalk) 表示

Activate_StartupLoft_Newsletter_Labs
Amazon S3 を使用した WordPress のホスティング 起動する
Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 入門 起動する
CloudFormation によるウェブアプリケーションの起動と管理 起動する

アマゾン ウェブ サービスのセルフペースラボでは、製品を実際に使いながら新しいスキルが身につき、AWS での作業の実務的な経験を得ることができます。AWS の分野別の専門家によって設計されたこのハンズオントレーニングラボでは、順を追って各手順の説明が行われるため、AWS テクノロジーを自信をもって使えるようになり、また、AWS にウェブサイトを構築する方法についてより詳細に学ぶことができます。

セルフペースラボは誰でも実行でき、以下のことが可能です。

  • 練習環境内でテクノロジーを使用しながら、実際的な経験を深めるAWS アカウント は不要
  • 自分のコンピュータを使って AWS を実際に使ってみる
  • 新しい製品やソリューションを探求し、試行する
  • 便利で柔軟性があり、消費可能な形式で、新しい実用的な技術を習得する
  • 好きな時間に自分のペースで学習できる


AWS では簡単にアプリケーションを構築し、実行できます。 AWS の社員が毎日、AWS や、クラウドを最大限に活用する方法についてオンラインセミナーを開催しています。これらのオンラインセミナーはオンライン上に保存されるため、役立ったと感じたオンラインセミナーを他の人と共有したり、興味がある以前のオンラインセミナーを閲覧したりできます。

AWS オンラインセミナーは次の方法であなたのお役に立ちます。

  • AWS の新たなサービス、特徴、ソリューションについて学ぶ機会を提供する
  • AWS について確実に理解するために、質疑応答の時間を提供する
  • 好きな時間に再度閲覧できるように録画版オンラインセミナーを用意する
  • AWS サービスをどのように利用できるか、どんな使用感になるかを把握できる仕方で、AWS の利用方法に関するディスカッションやデモンストレーションを行う

webinar_after_summit_ed
クラウドにおける設計のベストプラクティス 起動する
クラウド上に高機能なウェブアプリケーションを構築する
起動する

ha_ed_get_Started_w_aws

AWS re:Invent は世界中のアマゾン ウェブ サービスコミュニティの中でも最大のイベントです。このカンファレンスでは、AWS サービスに関する知識を深め、ベストプラクティスについて他では得ることができない情報を得られます。アマゾン ウェブ サービスでのウェブサイト開発に関する一部のセッションを以下からご覧いただけます。

JavaScript 向け AWS SDK を使って高機能なアプリケーションを開発する方法について説明します。設定、認証情報管理、ストリーミングリクエスト、SDK に含まれるよりハイレベルな特徴の使用に関するベストプラクティスについて学習できます。また、AWS SDK を使って実際に JavaScript アプリケーションを開発する方法を実演します。

Writing Javascript Applications

新規参入企業も古参企業も顧客数、売上を伸ばし、市場の需要に応えようと奔走しています。これまでになくスケールの大きなソフトウェアを開発しようとしているのです。バイラルマーケティングやソーシャルメディアにしても、新サービスを劇的に立ち上げることにしても、いかにして「自らの成功の犠牲者」にならないようにするか、という問題に、CIO もエンジニアも同じように頭を抱えています。このセッションでは、初期開発段階で「技術的負債」を作らないようにする方法、また、「ウェブスケール」までスケールしても問題なく動作するアプリケーションを開発するための定評ある事例やアプローチを重点的に扱います。設計上の様々な面、パターン、的確な事例を考察することにより、出席者は、新しいアプリケーションの設計に役立つアイデアや、既存アプリケーションを AWS でスケールできるようにするための「改良案」などを得られます。

Building Web-Scale Applications

数百から数百万のユーザーへシームレスにスケールできるアプリケーションを、最小限の先行投資で開発したいと思いますか。Amazon S3 は、アプリケーションをどうスケーリングするかという難題に煩わされることなく、アプリケーションの価値と機能性にすべての時間を注ぎ込むことを可能にする、非常に強力なツールです。このセッションでは、このプラットフォームを最大限に活用するテクニックについて扱います。パフォーマンスの一貫性を最大化するために主要な命名規則を構築し、アップロードおよびダウンロードのスループットを最適化する方法についてディスカッションを行います。また、アプリケーションと Amazon S3 との間のプロキシを取り除く方法や、Amazon S3 をロギングに使用する方法を学びます。最後に、スケーラビリティの高いアプリケーションに蓄積される数十億ものオブジェクトを効率的に管理するシンプルなテクニックについても扱います。

Building Scalable Apps


今すぐ無料でお試し »

サインアップは簡単!無料で利用開始できます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

お申し込みにあたってご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。

 

AWS のご利用開始方法 »

アカウント作成方法、Amazon EC2、Amazon S3のご利用開始方法を、動画でわかりやすくご紹介いたします。