投稿日: Apr 19, 2017

AWS X-Ray がすべてのお客様に一般公開されました。開発者は、AWS X-Ray を使用して、本番環境や分散アプリケーション (マイクロサービスアーキテクチャを使用して構築されたアプリケーションなど) を分析およびデバッグできます。X-Ray を使用すると、アプリケーションやその基盤となるサービスの実行状況を把握し、パフォーマンスの問題やエラーの根本原因を特定して、トラブルシューティングを行えます。X-Ray では、アプリケーション内で転送されるリクエストがエンドツーエンドで表示され、アプリケーションの基盤となるコンポーネントのマップも表示されます。X-Ray を使用すると、開発中か本番環境かにかかわらず、シンプルな 3 層アプリケーションから数千のサービスで構成される複雑なマイクロサービスアプリケーションまで、さまざまなアプリケーションを分析できます。

さらに、X-Ray は AWS Lambda 機能のトレースをサポートするようになりました。この機能は現在、プレビューバージョンです。Lambda ベースのアプリケーションと X-Ray の詳細なトラブルシューティングについては、Lambda のドキュメントを参照してください。

X-Ray の詳細については、X-Ray の製品ページを参照してください。

XRay_NoPlayButton