投稿日: May 8, 2018

AWS サーバーレスアプリケーションモデル (SAM) コマンドラインインターフェース (CLI) (SAM Localとも呼ばれます) を使って、AWS SAMテンプレートで定義されいるサーバーレスアプリケーションをローカルでビルド、テスト、およびデバッグできます。これで、SAM init コマンドを使用して、都合がよい時にデプロイ可能な SAM アプリケーションを初期化できます。

新機能である SAM init コマンドを使って、サンプルコード、単体テスト、および SAM テンプレート自体を含むアプリケーションを作成します。また、カスタム構造を使用して SAM アプリケーションを初期化し、チームや組織全体で SAM アプリケーションを標準化することもできます。SAM init コマンドの使用方法の詳細については、ドキュメントをご覧ください。

現在 SAM CLI はオープンソースの SAM 実装を使用しています。これにより、リリースされれば直ちに新しい SAM 機能を活用できます。このリリースでは、アプリケーションを本番環境にデプロイする前に SAM validate コマンドを使用して、構文エラーをローカルで識別できます。SAM validate コマンドで合格した SAM テンプレートは、AWS CloudFormation を使用してデプロイされた時にも検証に合格します。

SAM CLI を使い始めるには、pip install aws-sam-cli コマンドを使用して SAM CLI をインストールします。SAM CLI は、AWS Cloud9、Visual Studio Code、Eclipse などのような IDE で使用することもできます。

SAM CLI を使用してサーバーレスアプリケーションを構築、テスト、および展開る方法ついては、GitHub 上の「ドキュメント」と「コードリポジトリ」をご参照ください。また、Slack 上の SAM コミュニティに参加して、SAM 開発に貢献することができます。