投稿日: May 3, 2018

今回のクイックスタート更新により、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドのスタンドアロンまたはクラスタ構成で、Tableau Server のデプロイが自動化されます。この更新は、Linux または Microsoft Windows Server のいずれかのデプロイに適用されます。

Tableau Server は、Tableau で作成したビジネスインテリジェンスコンテンツの共有、ディストリビューション、コラボレーションを行えるようにするオンラインソリューションです。Tableau Desktop でワークブック、ビュー、ダッシュボード、データソースを作成して、コンテンツを Tableau Server でパブリッシュできます。

このクイックスタートのデプロイにより、AWS CloudFormation テンプレートを使用して、次のアーキテクチャーをインストールできます。

  • スタンドアロン構成:Microsoft Windows Server、CentOS、Ubuntu Server を実行している Amazon EC2 m4.4xlarge インスタンスのデフォルト仮想プライベートクラウド (VPC) に Tableau Server をインストール。
  • クラスター構成:Microsoft Windows Server、CentOS、Ubuntu Server を実行している少なくとも 3 つの Amazon EC2 m4.4xlarge インスタンスの新規または既存の VPC に Tableau Serverをインストール。このオプションは、VPC、サブネット、NAT ゲートウェイ、セキュリティグループ、Bastion ホスト、およびその他のコンポーネントを備える AWS 環境を構築します。

開始方法:

 

クイックスタートは自動化されたリファレンスデプロイメントで、AWS ベストプラクティスに従って、AWS への主要テクノロジーのデプロイに AWS CloudFormation テンプレートを使用します。