投稿日: Jul 25, 2018

Amazon EC2 R5 インスタンスは、Intel Xeon Platinum 8000 シリーズプロセッサを使用し、持続するすべてのコア周波数が最大 3.1 GHz で、R4 インスタンスよりも最大 50% 多い vCPU、および 60% 多いメモリを提供します。R5 インスタンスは、R4 インスタンスに比べて vCPU あたりのメモリが 5% 増加し、GiB あたりの料金が 10% 改善されています。R5 インスタンスは、高性能データベース、分散インメモリキャッシュ、インメモリデータベース、ビッグデータ分析などのアプリケーションに最適です。

R5 インスタンスは、EC2 の新しい Nitro システム上で初めてメモリに最適化されたインスタンスで、すべての仮想化オーバーヘッドを排除し最高のユーザーエクスペリエンスを提供します。最大サイズの R5 インスタンスは、768 GiB のメモリを提供し、アプリケーションをより少ないインスタンスでスケールアップできます。R5 インスタンスは、R4 より最大 20% 向上した CPU パフォーマンスを提供し、新しい AVX-512 命令をサポートします。さらに、R5 インスタンスは EBS 最適化バーストをサポートし、小さいサイズ (最大 3.5 Gbps) でより高いピークスループットを可能にします。これにより、お客様はメモリとコンピューティング要件に基づいた適切なサイズのインスタンスにより費用を削減しつつ、必要な EBS スループットを得ることができます。さらに、最大 3.6 TB の NVMe ベースの SSD を使用したローカルストレージを備えた R5d インスタンスを導入しました。 

今後数週間で、サードパーティのハイパーバイザーで実行されているワークロードを EC2 へシームレスに移行するために R5 ベアメタルインスタンスを導入する予定です。

Amazon EC2 R5 インスタンスは、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、および欧州 (アイルランド) の AWS リージョンにてご利用いただけます。ローカルストレージを備えた R5d インスタンスは、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、および米国西部 (オレゴン) の AWS リージョンにてご利用いただけます。R5 および R5d インスタンスに関する詳細は、Amazon EC2 R5 インスタンスを参照してください。