投稿日: Mar 27, 2019

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (EKS) を使用して、Windows Server ワークロードを開発者プレビューの一部として実行できるようになりました。このプレビューでは、最新の Kubernetes の機能性を活用できるほか、Amazon EKS が管理するコンテナ化された Windows アプリケーションのパフォーマンスと安定性の検証も開始できます。

多くの開発チームが、Windows 向けおよび Linux 向けの設計が混在するサービス群をサポートする必要に迫られています。Amazon EKS では、Kubernetes を使用して、両方の環境でコンテナ化されたコードを実行できるようになりました。これにより、システムロギング、パフォーマンスモニタリング、コードデプロイパイプラインの整合性を改善できます。Kubernetes バージョン 1.11 をはじめとして、Amazon EKS 向け Windows ノードの開発者プレビューを利用すると、Windows ワークロードを Amazon EKS と Kubernetes が管理するコンテナに移行するテストおよび検証を開始できます。

開発者プレビューの詳細および Amazon EKS を使用した Windows ノードの起動方法については、GitHub をご覧ください。