投稿日: Nov 26, 2019

AWS for Fluent Bit バージョン 2.0.0 をお使いになることで、お客様は Amazon ECS、Amazon EKS、または AWS Fargateから Amazon Kinesis Data Streams へコンテナログを送ることができるようになりました。AWS for Fluent Bit コンテナイメージは、コンテナ化された環境のための軽量のログコレクター、ならびにシッパーです。これは、Amazon ECS、Amazon EKS、および AWS Fargate のための推奨されるロギングエージェントです。コンテナイメージは Docker Hub、ならびに AWS が提供するリージョンごとの Amazon ECR レポジトリで使用することができます。 

以前に、AWS for Fluent Bit は Amazon CloudWatch Logs および Amazon Kinesis Data Firehose へログを送るためのサポートを組み込んでいました。AWS Fluent Bit バージョン 2.0.0 により、AWS LambdaAmazon Kinesis Data Analytics、および Amazon Kinesis Data Firehose などとの密接な統合で、お客様はログを Amazon Kinesis Data Streams へ送り、データを処理することができるようになりました。Kinesis Data Streams は、ログ送信元とログ送信先の間で拡張可能なバッファとして役立ちます。さらに、AWS for Fluent Bit バージョン 2.0.0 は、画像 URI を見つけるためにクエリすることができる SSM パラメータをサポートしています。これらのパラメータは、あなたの CloudFormation テンプレートにおいて使用されているディレクトリとすることができます。これらにより、利用可能なバージョンを確認することができ、AWS for Fluent Bit レポジトリがあなたのリージョンに存在するか否かを判断することができます。AWS for Fluent Bit は、Public AWS Partition、AWS GovCloud、および AWS China パーティションで使用することができます。 

Kinesis Streams ドキュメントの詳細はここで閲覧し、AWS for Fluent Bit SSM Parameter ドキュメントの詳細はここで閲覧してください。