投稿日: Nov 25, 2019

Configurable Endpoint、Custom Domain、AWS IoT Core Custom Authentication の強化、MQTT Connection の Custom Authorizer を含め、今回追加された AWS IoT Core の機能が、セルフマネージドインフラストラクチャーからフルマネージド型 AWS IoT サービスへの移行を容易にします。これによりアプリケーションコードの変更は少なく、サービス使用中のデバイスには最小 (あるいはゼロ)の影響を与えるだけで、スケーラビリティと信頼性を向上することが可能です。 

AWS IoT Core では、新しくなった Configurable Endpoints 機能と強化された Custom Authentication を使っての、お客様によるデータエンドポイントの動作のカスタマイズが可能になります。既存の IoT アプリケーションを AWS IoT Core に移行する際にも、使用されなくなったデバイスの動作をサポートできる柔軟性が維持されます。同時に、新しくより高機能なデバイスに新しい機能を適用できるようになり、これらの全工程は、一切エンドユーザーにとっての障害になりません。 

Configurable Endpoints に最初に投入されるカスタマイズオプションは、Custom DomainsCustom Authorizers の 2 つです。これにより、お客様のデバイスが AWS IoT Core に接続する際に使用する、ドメイン名と認証メカニズムの両方が提供されます。Custom Domains では、既存のドメイン名および関連するサーバー証明書があるアカウントごとに、複数の Configurable Endpoints を作成できます。Custom Authorizer を Configurable Endpoint にアタッチすることで、 Custom Authorizers for MQTT 接続の使用などを含む、いくつかの新しい Custom Authorizer 強化機能を活用できます。 

これらの AWS IoT Core 新機能および改良点は、現在のところ米国東部 (バージニア北部) リージョンにおいてベータ版でご利用可能です。詳細についてはブログ記事を、また開始方法については開発者ガイドをご参照ください。 

AWS IoT Core は、インターネットに接続されたデバイスから、クラウドアプリケーションやその他のデバイスに簡単かつ安全に通信するためのマネージド型クラウドサービスです。AWS IoT Core では数十億個のデバイスと数兆件のメッセージをサポートしており、それらのメッセージを AWS エンドポイントや他のデバイスに確実かつセキュアに処理してルーティングします。AWS IoT Core を使用すれば、アプリケーションがインターネットに接続されていない場合でも、すべてのデバイスを常に追跡して通信できます。 

AWS IoT Core の詳細については、製品詳細ページをご参照ください。