投稿日: Dec 3, 2019

Amazon Elastic Container Service (ECS) Capacity Providers がご利用いただけるようになりました。Capacity Providers は、コンテナのコンピューティングキャパシティーを管理する新しい方法です。これにより、キャパシティーの使用方法に関する要件をアプリケーションで定義できます。Capacity Providers では、コンテナ化されたワークロードをさまざまな種類のコンピューティングキャパシティーで実行する方法について柔軟なルールを定義し、キャパシティーのスケーリングを管理できます。Capacity Providers は、ECS でタスクとサービスを実行する可用性、スケーラビリティを改善し、コストを削減します。

以前は、起動タイプを使用して、タスクが EC2 または Fargate のどちらを使用するかを制御し、配置制約と配置戦略によりタスクの実行場所を制御できました。ただし、タスクの実行には、すでに利用できるキャパシティー (EC2 インスタンスがすでに実行されているなど) のみが使用でき、配置の制約と戦略は、すでに利用できるキャパシティーのみを考慮します。  

Capacity Providers は、EC2 と Fargate の両方で動作します。EC2 では、EC2 Auto Scaling グループ (ASG) に関連付けられた Capacity Providers を作成できます。Capacity Providers を使用して、ECS Cluster Auto Scaling (本日ローンチ) を介して ASG のスケーリングを管理できます。これにより、キャパシティーがまだ利用できない場合でも、タスクを実行するために必要なキャパシティーをリクエストするようにします。タスクとサービスを実行する場合、複数の Capacity Providers に分割できます。これにより、事前定義した分割割合で Fargate と Fargate Spot (本日ローンチ) 全体のサービスを実行するなどの新機能を有効にしたり、サービスのリバランスを行うことなく、サービスが複数のアベイラビリティーゾーンで同じ数のタスクを実行できるようにします。

Amazon ECS Capacity Providers は、ECS が提供されているすべてのリージョンでご利用いただけます。使用を開始するには、ドキュメントをご覧ください。