投稿日: Jan 6, 2020

本日 AWS は、Systems Manager の新機能 Change Calendar を発表しました。これにより、重要なビジネスイベントの最中にリソースが変更されることを防止できるようになります。Change Calendar を使用しカレンダーイベントをスケジュールすることで、リソースへの高い需要が予想されるマーケティングプロモーション公開のようなイベントの最中に、AWS のリソースに対し行われる変更を制御することができます。 

イベントのスケジュール後、Change Calendar をプログラムでチェックすることで、特定の日時での変更が許されているか、またはブロックされているかを確認できます。たとえば、リソースに変更を加えることのできる AWS Lambda 関数もしくは AWS Systems Manager Automation プレイブックを呼び出す前に、Change Calendar API を使用することで、その変更が許可されているかをチェックできます。また、中心的な Change Calendar を定義すると、それを共有した他の AWS アカウントに、組織のブラックアウトスケジュールを順守させるのにも役立ちます。 

この機能は、Systems Manager が提供されているすべてのリージョンで使用できます。使用を開始するには、Systems Manager の左側のナビゲーションメニューで [Change Calendar] をクリックします。Change Calendar の詳細については、AWS Systems Manager の製品ページ、Change Calendar のブログおよびドキュメントをご参照ください。