投稿日: Apr 2, 2020

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) で、新しいクラスター向けに Apache Kafka バージョン 2.4.1 のサポートが開始されました。Apache Kafka 2.4.1 にはレイテンシーを緩和し、パフォーマンスを改善する複数のバグフィックスと新機能が適用されました。Apache Kafka バージョン 2.4.1 のサポートは、Amazon MSK が利用可能なすべてのリージョンで提供されています。改良点とバグの修正の詳細な一覧については、Apache Kafka の 2.4.12.4.0 のリリースノートをご覧ください。

2.4.1 の主な特徴を以下に示します。

  • KIP-392、利用者が最も近いレプリカから取得できるようにします。これにより、お客様はリーダーパーティションではなく、最も近いレプリカパーティションからデータを取得できます。最も近いパーティションからデータを取得することで、レイテンシーを緩和し、アベイラビリティーゾーン間のデータ移動の可能性を減らします。 
  • KIP-480、スティッキーパーティショナー。これはデフォルトの Apache Kafka パーティショナーに、レイテンシーの最大 50% を削減することでパフォーマンスを改善します。 
  • KIP-455、Replica Reassignment Apache に Administrative API を作成。これはパーティションの再割り当てのための新しい Apache Kafka Admin API および Apache ZooKeeper 実装のアドレス制限を提供します。

Amazon MSK は、Apache Kafka 向けのフルマネージドサービスであり、Apache Kafka をデータストアとして使用するアプリケーションを簡単に構築および実行できるようにします。Amazon MSK は Apache Kafka と完全に互換性があり、既存の Apache Kafka ワークロードを Amazon MSK に確実にすばやく移行することや、新しい Apache Kafka ワークロードを一から構築することができます。Amazon MSK を使用すると、アプリケーションの革新に多くの時間を費やすことができ、クラスターの管理に費やす時間を短縮できます。開始方法については、Amazon MSK 開発者ガイドをご覧ください。