投稿日: Apr 20, 2020

本日、当社は、カメラやその他の動画制作機器などのライブ動画ソースを AWS Elemental MediaLive に接続してクラウドでビデオをエンコードするデバイスである AWS Elemental Link の一般提供を発表しました。詳細を知り、注文するには、https://aws.amazon.com/medialive/features/link/ にアクセスしてください。

高品質のライブ動画をクラウドにアップロードすることには困難が伴う場合があります。ほとんどのハードウェアは、設置、管理、トラブルシューティングを行うために現場で専門知識を必要とし、不定期に使用すると費用が高くなる可能性があります。多くの場合、機器は重く、騒音が発生し、涼しく保つためのリソースを必要とします。また、輻輳したネットワークを通じて確実に動画を送信することは困難です。

AWS Elemental Link では、迅速かつ簡単にセットアップできます。リンクデバイスは、AWS アカウントに完全に設定されて出荷されます。デバイスを電源、IP ネットワーク、HD-SDI または HDMI の動画ソースに接続するだけです。接続されると、動画は 1 分以内に MediaLive コンソールで自動的に利用可能になり、視聴者にストリーミングする準備が整います。デバイスは、MediaLive コンソールを使用してリモートで制御および監視されます。

Link は、995 USD (税、配送料、MediaLive の費用を除く) の価格で、従来のアプローチと比べて非常に低いコストで、放送に耐え得る動画転送を提供します。小型で静かな Link デバイスは、動画ソースが所在するほぼすべての場所に配置できます。Link は、高度な動画圧縮システムを使用し、動画信号をリアルタイムでネットワーク条件に適合させることにより、クラウドに転送される動画の品質を最大化します。

AWS Elemental Link は、AWS Media Services (クラウドベースのワークフローの基盤となるサービスファミリー) の一部である MediaLive と連携して、動画の伝送、作成、パッケージ化、保存、収益化、配信に必要な機能を提供します。