投稿日: May 24, 2022

AWS Transit Gateway Network Manager が、AWS Organizations を使用して作成された、組織内の複数の AWS アカウントにわたるグローバルネットワークの集中管理とモニタリングをサポートするようになりました。この機能により、Network Manager は、単一の統合された運用ダッシュボード上で AWS アカウント全体の大規模なグローバルネットワークを管理する運用の複雑さを軽減します。

これまで、お客様は Network Manager を使用して、単一の AWS アカウントのグローバルネットワークを監視および視覚化することができました。マルチアカウントサポートの開始により、Network Manager は、複数のアカウント間で機能するように管理機能を拡張します。AWS 組織内のさまざまなアカウントから AWS Transit Gateway を登録し、オンプレミスリソースを定義することで、トポロジダイアグラムと地理マップでグローバルプライベートネットワークを視覚化することができます。CloudWatch メトリクスとイベントを使用してネットワークを監視し、ネットワークトポロジの変更、ルーティングの更新、接続ステータスの更新を確認することもできます。これにより、アカウント全体に分散している大規模なネットワークを管理する際のお客様の全体的な運用上の負担が軽減され、一元化された運用ダッシュボードを介してグローバルネットワーク全体の包括的なビューが提供されます。

AWS Transit Gateway Network Manager のマルチアカウントサポートは、Network Managerがサポートされている以下の 23 の AWS リージョンすべてで利用できます。米国東部 (オハイオ、バージニア北部)、米国西部 (北カリフォルニア、オレゴン)、アフリカ (ケープタウン)、アジアパシフィック (香港、ムンバイ、大阪、ソウル、シンガポール、シドニー、東京)、カナダ (中部)、欧州 (フランクフルト、アイルランド、ロンドン、ミラノ、パリ、ストックホルム)、中東 (バーレーン)、南米 (サンパウロ)、 および AWS GovCloud (米国)。

この機能の詳細については、ドキュメントを参照してください。