サーバーレスで、インフラストラクチャや管理は不要

Amazon Athena はサーバーレスであるため、インフラストラクチャを管理する必要がありません。設定、ソフトウェアの更新、障害、またはデータセットやユーザー数の拡大によるインフラストラクチャのスケーリングについて心配する必要はありません。Athena では、これらはすべて自動で管理されるため、インフラストラクチャではなくデータに集中できます。

簡単に利用開始

利用を開始するには、Athena コンソールにログインして、コンソールウィザードを使用するか DDL ステートメントを入力してスキーマを定義します。その後、組み込みのクエリエディタを使用して、すぐにクエリを開始できます。また、AWS Glue を利用すると、自動的にデータソースをクロールしてデータを解析し、データカタログに新規および修正したテーブル定義とパーティション定義を入力できます。結果は数秒以内にコンソールに表示され、S3 内の選択した場所に自動的に書き込まれます。結果をデスクトップにダウンロードすることもできます。Athena を使用すると、分析用データを準備するための複雑な ETL ジョブは不要になります。これによって、誰でも SQL のスキルを使って、大型データセットをすばやく、簡単に分析できるようになります。

標準 SQL を使用するだけで簡単にクエリを実行

Amazon Athena では Presto が使用されます。Presto は、低レイテンシーでアドホックなデータ分析用に最適化された、オープンソースの分散 SQL クエリエンジンです。つまり、大規模な結合、ウィンドウ関数、配列を完全にサポートしている ANSI SQL を使用して、Amazon S3 内の大規模なデータセットに対してクエリを実行できます。Athena では、CSV、JSON、ORC、Avro、Parquet といったさまざまなデータ形式がサポートされています。Athena の JDBC ドライバーを使用して、さまざまな BI ツールから Athena に接続することもできます。

クエリごとの料金

Amazon Athena では、実行したクエリに対してのみ料金が発生します。各クエリでスキャンされるデータ量に基づいて課金されます。データの圧縮、分割、列形式への変換を行うと、大幅なコスト削減とパフォーマンス向上を実現できます。このようなオペレーションにより、Athena でクエリを実行するためにスキャンする必要のあるデータ量が減少するためです。

高速なパフォーマンス

Amazon Athena では、高速なパフォーマンスを得るために、クラスターの管理やチューニングについて心配する必要はありません。Athena は、Amazon S3 で高速なパフォーマンスが得られるように最適化されています。Athena ではクエリが自動的に並列で実行されるため、大規模なデータセットであってもクエリ結果が数秒で表示されます。 

高い可用性と耐久性

Amazon Athena は可用性が高く、複数の施設間でコンピューティングリソースを使用してクエリを実行するため、特定の施設に到達できない場合は自動的に、クエリが適切にルーティングされます。Athena では Amazon S3 を基盤データストアとして使用しているため、データの高い可用性と耐久性が実現できます。Amazon S3 は重要なデータを保存するための耐久性のあるインフラストラクチャを提供し、オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。データは冗長化されて複数の施設に保存され、各施設で複数のデバイスに保存されます。

セキュア

Amazon Athena では、AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシー、アクセスコントロールリスト (ACL)、および Amazon S3 バケットポリシーを使用して、データへのアクセスを制御できます。IAM ポリシーにより、お客様は S3 バケットに対する制御をきめ細かに IAM ユーザーに付与できます。S3 内のデータへのアクセスを制御することで、Athena を使用してクエリを実行するユーザーを制限できます。Athena を使用することにより、Amazon S3 に保存された暗号化データをクエリし、S3 バケットに暗号化の結果を書き込むことが簡単になります。サーバー側の暗号化とクライアント側の暗号化の両方がサポートされています。

統合

Amazon Athena は初期状態で AWS Glue と統合されています。Glue データカタログを使用すると、さまざまなサービスにわたってメタデータの統合リポジトリを作成し、データソースをクロールしてデータを検出できるようになり、新規および修正済みのテーブルやパーティションの定義をデータカタログに格納し、スキーマのバージョニングを維持できるようになります。また、Glue の完全マネージド型 ETL 機能を使用すると、データ変換や列指向の形式への変更を実行でき、クエリパフォーマンスを改善してコストを削減できます。詳細については、AWS Glue をご覧ください。

横串検索 (プレビュー)

Amazon Athena により、リレーショナル、非リレーショナル、オブジェクト、カスタムデータソースに保存されているデータに対して SQL クエリを実行することができます。複数のデータソース全体で馴染みの SQL コンストラクトを使用してデータを結合して解析を迅速に行える上、その後の使用のために結果を Amazon S3 に保存することができます。Athena は、AWS Lambda で動作する Athena Data Source コネクタを使用してフェデレーティッドクエリを実行します。AWS は、Amazon DynamoDB、Apache HBase、Amazon Document DB、Amazon Redshift、AWS CloudWatch、AWS CloudWatch Metrics、および MySQL や PostgreSQL など、JDBC 準拠のリレーショナルデータベースのためのオープンソースデータソースコネクタを持っています。これらのコネクタを使用して、Athena でフェデレーティッド SQL クエリを実行することができます。さらに、Athena Query Federation SDK を使用して、任意のデータソースへのコネクタを構築できます。

機械学習 (プレビュー)

Athena SQL クエリで SageMaker 機械学習モデルを呼び出し、推論を実行できるようになりました。SQL クエリで ML モデルを使用する機能により、異常検出、カスタマーコホート分析、売上予想などの複雑なタスクは、SQL クエリを記述するのと同じくらい簡単になります。Athena により、SQL の使用経験がある人なら誰でも、Amazon SageMaker にデプロイされた機械学習モデルを簡単に実行できます。

Amazon Athena の料金
Amazon Athena 料金の詳細

Amazon Athena で提供されるすべての料金オプションをご覧ください。

詳細はこちら 
AWS アカウントにサインアップする
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Amazon Athena を使用して構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon Athena を使った構築を始めましょう。

サインイン