Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Glue DataBrew 資料及び QA 公開

先日 (2021/02/17) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Glue DataBrew」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210217 AWS Black Belt Online Seminar AWS Glue DataBrew AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. DataBrew でジョブを実行する際に、読み込む S3 上のファイルの文字コードを指定し?統一して出力することは可能でしょうか。(複数の源泉からファイルを集めた際に、SJIS のファイルを読み込むと文字化けしてしまったため) A. 現状、AWS Glue DataBrew 内での文字コード変換は対応しておりません。 Q. ジョブを日中何度も実行する場合で、処理済ファイルは取得の対象外としたいが、そのような機能はあるでしょうか。? または、そのような状態を再現するためのベストプラクティスがあればご教授いただきたいです。 A. 現状、AWS Glue DataBrew 内ではそのような仕組みがありませんので、外部で処理済ファイルのハンドリングの仕組みをいれていただく必要があります。または AWS Glue DataBrew ではなく、AWS Glue のジョブブックマーク機能を利用することでそのような処理を実現することが可能です。AWS Glue のジョブブックマークの詳細は、ドキュメンテーションをご参照ください。 Q. DataBrew のジョブを一定周期で起動する場合、前回ジョブが終わっていない場合は? 処理をスキップする、というような仕組みは行えるでしょうか。?(源泉1つに対し、一度に動くのは 1 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Database Migration Service 資料及び QA 公開

先日 (2021/02/16) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Database Migration Service」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210216 AWS Black Belt Online Seminar AWS Database Migration Service AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. DMS でレプリケーションされないオブジェクト(インデックスなど)は、手動で移行とのことでしたが、SCTを使用することもできる、で相違ないでしょうか。 A. SCT を使用することも可能ですが、同一エンジンでの移行であれば、ソースの DB エンジンで適用したDDLをターゲット側にも適用頂くのが良いと思います。 Q. Aurora MySQL と Aurora PostgreSQL の間で on-going CDC として DMS を使用する予定です。これは、移行のためだけでなく、進行中のCDCになります。TaskRecoveryTableEnabled = true に設定して、DMS リカバリが必要な計画外のイベントに備える予定です。DMS チェックポイントはいつ発生しますか?24時間ごとでしょうか? https://docs.aws.amazon.com/dms/latest/userguide/CHAP_Task.CDC.html#CHAP_Task.CDC.StartPoint.Checkpoint A. TaskRecoveryTableEnabled をTRUEにすると、CDC のチェックポイント情報をターゲット側インスタンスのawsdms_txn_stateテーブルに格納します。チェックポイント情報はターゲット側に反映されたタイミング等で更新される為、環境によってタイミングは異なります。お客様環境のawsdms_txn_stateテーブルをご確認頂ければと思います。 […]

Read More

【開催報告】AWS re:Invent Recap Analytics 〜新サービスアップデート&クイックデモ〜

こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの平間です。 2021年1月29日に、2020年 AWS re:Invent Recapシリーズのひとつとして、分析サービスのRecapセミナーを開催いたしました。2020年 AWS re:Invent では、AWSの分析サービスに関して、新しいサービスおよび多くのアップデートが発表されました。本セッションでは、新しく発表されたサービスやアップデートを中心に共有させていただくとともに、お客さまの課題や問題をどのように解決できるのか、クイックデモを交えてご紹介させていただきました。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Direct Connect 資料及び QA 公開

先日 (2021/02/09) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Direct Connect」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210209 AWS Black Belt Online Seminar AWS Direct Connect AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 接続のパターン2で、Direct Connect (DX) ロケーション内のパートナー機器がお客様機器になるパターンはないんでしょうか。 A. ロケーション内にお客様機器を設置し、専用線で接続するパターンもございます。スライド 17 のパターン 1 において、広域網、専用線など、キャリヤ様提供の回線種別からご選択いただく構成となります。 Q. router の設置場所は全国のデータセンターならどこでも対応可能なのでしょうか? A. データセンターに限らず、ロケーションからパートナー様が接続できる環境であればどちらでも配置可能です。詳しくはパートナー様にご確認ください。 Q. SLA 99.9% のためには DX 冗長化しか方法が無いのでしょうか?バックアップを Site-to-Site VPN などでは達成できないのでしょうか? A. Site-to-Site VPN をバックアップとした構成では、SLA の適用はできません。SLA 適用を目的とする場合、バックアップ回線にも Direct […]

Read More

【開催報告&資料公開】放送業界向け InterBEE 2020 / re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に放送業界のお客様向けに、昨年開催された InterBEE 2020 と AWS re:Invent 2020 の Recap セッションを実施しました。 ■InterBEE 2020 Recap アマゾンウェブサービスジャパン ソリューションアーキテクト 門田 梓 [Slide] ソリューションアーキテクトの門田より、InterBEE 2020 で発表した AWS を活用した放送業界の AWS 活用事例を紹介しました。2020 年は新型コロナウイルスの感染拡大が番組制作に非常に大きく影響した年でした。登壇いただいたお客様は、この困難に立ち向かうため、AWS のサービスとツールを活用して コストを必要最小限に、ゼロから作るより迅速に、拡張性や可用性のメリットを手に入れています。本セッションでご紹介した概要は以下の通りです。

Read More

【開催報告&資料公開】新聞・出版業界向け re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に新聞・出版業界のお客様向けに AWS re:Invent 2020の Recap セッションを実施しました。 クラウドコンピューティングの分野で世界最大規模の「学習型」カンファレンスである AWS re: Invent は、例年 12 月に 1 週間程度いただいてラスベガスで開催しておりました。しかし、昨年はコロナウィルス感染拡大の影響により、11 月末からの 3 週間に拡大して完全オンライン(参加無料)で開催されました。およそ 50 万人の方にご登録いただき、5 つの基調講演と 500 以上のセッションをご提供、期間中は 200 以上の新機能・新サービスを発表しました。

Read More

AWS SaaS Boost を利用したモノリスアプリケーションの SaaS 移行

AWS SaaS Factory で Principal Partner Solutions Architect を務める Tod Golding による記事です。 SaaS (Software-as-a-Service) モデルへの移行は多くの企業にとって魅力的ですが、新しいマルチテナントアーキテクチャへの移行に必要な時間、労力、投資は大きな障壁となる場合があります。 多くの企業にとって、SaaS への移行には、新しいテクノロジーの習得、マルチテナント構造の実装、新しい運用ツールの作成、新しい課金体型の採用、といった作業を伴います。 こういった障壁は、SaaS への移行がビジネスを成長させ将来の成功の鍵になると考えている企業にとって、特に深刻な問題になる可能性があります。そのような企業の多くは、わざわざアプリケーションの再構築やコードの書き換えを行うことなく、そして時間やコストも奪われることなく、SaaS への移行を加速する方法を模索しています。 そういったニーズに対応するために、アマゾンウェブサービス (AWS) では、AWS SaaS Boost をリリースしました。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CodeDeploy 資料及び QA 公開

先日 (2021/01/26) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CodeDeploy」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210126 AWS Black Belt Online Seminar AWS CodeDeploy AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. cloudfront がELBの先にあった場合、blue/Green のデプロイした場合に、キャッシュはどのようになるのでしょうか? A. CloudFront のキャッシュ保持期間が経過するまでキャッシュは更新されません。画像などキャッシュ対象のコンテンツを配置するディレクトリにバージョンを付与する等して、それを参照することでデプロイバージョンに応じたコンテンツを取得することが可能です。 Amazon CloudFront – 既存のコンテンツと CloudFront ディストリビューションを更新する Q. AutoScaling グループへデプロイした場合、そのグループの起動テンプレートで指定している AMI との整合性はどうなりますか?(codedeploy で新しいのがデプロイされても、スケーリングで立ちあがる新しいインスタンスは、古いAMIを参照してしまうのではないでしょうか? A. スケールアウト時に追加されたインスタンスに対して最新リビジョンがデプロイされますので、起動テンプレートで指定している AMI とはアプリケーションのバージョンが異なる状態となります。AMI ではなくリビジョンについてのご質問の場合、既存インスタンスとスケールアウトによって追加されたインスタンスに異なるリビジョンがデプロイされる可能性があります。回避策はこちら「AWS CodeDeploy – 展開中のスケールアップイベント」のドキュメントをご覧ください。 Q. Deploy について、CloudFormation と CodeDeploy どちらかで行うのが良いのか指標などありますでしょうか?例えとしましては、Lambda を […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Redshift 運用管理 資料及び QA 公開

先日 (2021/01/27) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Redshift 運用管理」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理 AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. redchift は S3 にある元データを変更しないことが保証されていますか? A. 明示的にオプションを指定しない限り保証されます。Amazon Redshift が S3 にデータを書き出す機能のうち、Amazon Redshift Spectrum を利用した書き出し機能であるCREATE EXTERNAL TABLE AS SELECT 文では、指定された S3 の場所が空ではないと操作が失敗します。Amazon Redshift Spectrum テーブルに対するINSERT文では、ファイル名が必ず一意となるように書き出されます。UNLOAD コマンドでは、明示的に ALLOWOVERWRITE オプションを付けない限り、ファイルを上書きする恐れがある場合には操作が失敗します。 Q. クエリエディタ経由での予期せぬデータ漏洩を防ぐため、本機能を無効化したいです。どのような設定を行えばよいでしょうか? A. クエリエディタそのものを無効にすることはできませんが、不要なユーザーには利用させない対応を取ることは可能です。IAM ポリシーの「AmazonRedshiftQueryEditor」および「AmazonRedshiftReadOnlyAccess」を利用するユーザーにアタッチすることでクエリエディタが利用可能になりますので、これらを付与しないことで、クエリエディタの利用ができなくなります。なお、拡張された […]

Read More

【AWS re:Invent 2020】SAPカスタマからの学び

毎年、AWS re:Inventでは、お客様とのつながりを深め、お客様の成功を祝い、今後の課題解決に向けた新たな方法を発表する機会を提供しています。今年は直接お会いすることはできませんでしたが、SAPのお客様がSAPのワークロードのための革新的なプラットフォームとしてAWSをどのように活用しているのか、またSAPのワークロードをどのように選択しているのかを、数週間に渡ってお話を伺うことができました。 ここでは、re:Inventでお話を伺ったお客様の中から、お気に入りのセッションを再訪したり、聞き逃した内容を確認したりすることができるよう、ハイライトをご紹介したいと思います。

Read More