Amazon Web Services ブログ

Tag: APN Technology Partners

SaaSソリューションの運用を成功させるには

この記事は、Achieving Operational Success of SaaS Solutions を翻訳したものです。 本投稿は、AWS SaaS Factory の Partner Solutions Architect である Ujwal Bukka により寄稿されました。 運用上の優秀性は、SaaS (Software-as-a-Service) プロバイダーにとって重要な課題です。運用上の優秀性とは、ワークロードを効果的に運用および監視し、サポートするプロセスや手順を継続的に改善してビジネス価値を提供する能力のことです。 それを得るために努力することは、SaaS ソリューションにおけるスムーズな運用、ひいては最適なカスタマーエクスペリエンスの確保につながります。 マルチテナント環境を運用する場合、SaaS プロバイダーは各テナントの現在のステータスを把握し、自動化されたプロセスが新規および既存のテナントに対して同一かつ期待どおりに機能していることを確認し、サポートするプロセスや手順を継続的に改善する必要があります。 マルチテナント環境に関連する運用上の優秀性の設計原則とベストプラクティスには、ソリューションの運用状態を効果的に監視し、管理する能力が含まれます。これには、システムが各テナントや利用プランに対してどの程度効果的にリソースをスケーリングしているかを把握すること、アラートやインサイトを生成するために適切なメトリクスデータを取得すること、テナントのオンボーディングなどの運用プロセスを管理すること、マルチテナント環境におけるテナントのさまざまなニーズをサポートすることなどが含まれます。 今回の記事では、運用上の優秀性の設計原則とベストプラクティスについて確認します。

Read More

Amazon OpenSearch Serviceを利用したVMware Cloud on AWSワークロードのモニタリング

2021年9月8日:Amazon Elasticsearch ServiceはAmazon OpenSearch Serviceに名称変更されました。詳細を確認する。 AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるDrew Rutledgeによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとAWSが共同で開発したソリューションで、vSphere、NSX、vSANなどのVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC) テクノロジーをAWSグローバルインフラストラクチャ上で提供します。 Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Serviceの後継サービス) を利用すると、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などを簡単に実行できます。Amazon OpenSearch Serviceは、Elasticsearchから派生した、分散型のオープンソース検索および分析スイートです。

Read More

VMware Transit Connectを使用したサードパーティのファイアウォールアプライアンスとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Specialist Solutions Architectを務めるSheng Chenによる記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services(AWS)とVMwareが共同開発した統合ハイブリッドクラウドサービスです。 お客様がハイブリッドクラウドアーキテクチャに継続的に移行するにつれて、VMware Cloud on AWSとネイティブAWSの環境、オンプレミスデータセンター、およびインターネットの間で一元化されたセキュリティ検査ソリューションを持つためのネットワークセキュリティ要件に対処することがますます重要になっていきます。 AWS Marketplaceで提供されるサードパーティファイアウォールソリューションの幅広い選択により、お客様はオンプレミスと同じネットワークセキュリティソリューションをクラウドにデプロイでき、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現できます。 本稿では、VMware Transit Connectの機能を活用して、お客様が希望するサードパーティファイアウォールソリューションをVMware Cloud on AWSと統合する方法について学習します。ここではVMware Transit Connectを使用して、Palo AltoのファイアウォールアプライアンスをVMware Cloud on AWSと統合するための詳細なウォークスルーの例を紹介します。

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSデータストアのAWS Analyticsサービスとの統合方法

AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるBalakrishnan NairとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 オンプレミスでVMwareを稼働させているお客様は、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に取り入れることでAWSグローバルインフラストラクチャを使えるという非常に大きなメリットを得ようとしています。 一方で、AWS Analyticsサービスはお客様のエンタープライズデータベース、データレイク、ログファイルレポジトリにあるデータからビジネス価値を創出する手段を提供します。 データ分析ソリューションの主な流れは以下です。 ソースから未整形の状態のデータを取り出します。これはテキスト、数値、ビデオファイルなどです。 データを整形しデータベースやデータレイクなどのストレージソリューションに格納します。 分析、洞察のために収集、ノイズ除去されたデータを可視化します。 お客様のデータセンターではファイルサーバー、FTPサーバー、データベース、ログなどの様々な異なるソースやアプリケーションからデータが生成され、なおかつこれらはビジネスにとって極めて重要なデータを含みます。 有用なデータの管理と抽出はお客様にアドバンテージをもたらし、また遵守しなければならない特定の企業コンプライアンス要件にも合致する可能性があります。 VMware Cloud on AWSへ移行中のお客様の中には、非構造化データを含むファイルシステムを扱うワークロードの移行を考えている方もおられるかもしれません。これらのファイルシステムは有用なビジネスデータを生み出す貴重なソースとなり得ますが、データセットからどうやって意義のある洞察を得るかを決めづらくする原因ともなり得ます。 本稿ではVMware Cloud on AWSがどのようにこういったデータセットをAWS Analyticsサービスの近くに配置し、これらのサービスを利用してより容易にビジネスデータから有用な洞察を引き出せるかをガイドします。

Read More

AWS Direct ConnectとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、AWSグローバルインフラストラクチャ上でVMware vSphereワークロードを実行できます。つまり、VMware Cloud on AWSが利用可能なすべてのAWSリージョンでvSphereワークロードを実行できます。 お客様は、ワークロードの一部をオンプレミス稼働させ、一部をVMware Cloud on AWSで稼働させるハイブリッドクラウドアーキテクチャの実装を選択する事ができます。 ハイブリッド実装において、お客様がオンプレミスとVMware Cloud on AWSネットワーク間の通信を許可するように接続を設定する設計パターンが見られます。 お客様は、ハイブリッドクラウド接続を実装するために、仮想プライベートネットワーク (VPN)やAWS Direct Connectなどのさまざまな方法を使用します。 本稿では、お客様がAWS Direct Connectを活用して、どうオンプレミスのVMwareインフラストラクチャとVMware Cloud on AWS間のハイブリッド接続を確立するか、AWS Direct Connectで耐障害性を達成する為のベストプラクティス、そして私たちがなぜそれを推奨するかについて説明します。

Read More
VMware Cloud on AWS

オンプレミスからVMware Cloud on AWSへのネットワークL2延伸の選択肢

AWSでSpecialist Solution Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSではお客様のオンプレミスネットワークをレイヤー2レベルでシームレスにクラウドへ延伸することができます。これは重要なことです。なぜならオンプレミスのレイヤー2ネットワークからIPアドレスを変更せずに、仮想マシンをVMware Cloud on AWSへ移行できるからです。 本稿執筆時点(2020年7月7日)で、VMware Cloud on AWSへネットワーク延伸する方法は以下の2つがあります。 VMware Autonomous NSX Edge Appliance VMware Hybrid Cloud Extension (HCX) ネットワーク延伸を実装するにあたりオンプレミスにNSXを持つ必要はありません。オンプレミスにNSX-Tがある場合、NSXにより自動でプロビジョニングされるNSX-T Edgeを、Software Defined Data Center (SDDC)やVMware Cloud on AWSの環境に接続するためのL2VPN (レイヤー2 VPN)のクライアントサイドとして利用することはできません。 本稿では、オンプレミスのネットワークをVMware Cloud on AWSへ延伸する際のアーキテクチャの考慮事項について説明します。これによりハイブリッドクラウドを実装したり、IPアドレスを変更することなくクラウドへ移行することができるようになります。

Read More

VMware Cloud on AWSの耐障害性設計に関する考慮事項とベストプラクティス

AWSでSpecialist Partner Solutions Architectを務めるKiran Reid、Sr TAM (MNG) を務めるSudha Thillai Govindarajan、Principal Partner Solutions Architectを務めるWen Yuによる記事です。 さまざまな業界や業種のお客様が、本番ワークロードにVMware Cloud on AWSを採用しています。 高可用性要件で実行したいワークロードがある場合、利用可能なさまざまなアーキテクチャパターンと構成オプションを理解することが重要です。 本稿では、VMware Cloud on AWSを活用するお客様の耐障害性設計に関する主な考慮事項と責任について説明します。

Read More

新たに SaaS Journey Framework ホワイトペーパーを公開しました

AWS で SaaS Business Lead を務める Oded Rosenmann による記事です。 SaaS(Software as a Service)提供モデルは、多くの企業にとってますます魅力的になっています。 新規および既存のアプリケーション・プロバイダが、この提供モデルで成功を収めたいと望んでいる一方で、SaaS への移行はビジネスに大きな影響を与える可能性もあります。 多くの企業にとって、SaaS への移行は大きな変化をもたらす出来事であり、企業は自社のビジネスをあらゆる側面から検討する必要があります。サービスとしてのビジネスを定義、構築および運用するためには、製品の販売、マーケティング、開発、サポート、収益化の方法など、評価しなければいけない検討事項がたくさんあります。

Read More

VMware Cloud on AWSのアカウントとVPCに関する考慮事項

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとアマゾン ウェブ サービス (AWS)が共同開発をした、AWSのグローバルインフラストラクチャ上でお客様のVMwareワークロードの実行を可能にするサービスです。 VMware Cloud on AWSサービスのデプロイ中に、Software Defined Data Center (SDDC)がAWS (またはお客様の)アカウントに接続され、ネイティブAWSサービスにシームレスにアクセスが可能となります。 この記事では、ネイティブAWSサービス連携を活用するために、VMware Cloud on AWSに接続するAWSアカウント及びそれぞれのAmazon Virtual Private Cloud (VPC)に関するガイダンスを提供いたします。

Read More