Amazon CodeCatalyst (プレビュー)

AWS での計画、開発、配信のライフサイクルを高速化する

AWS 無料利用枠で 2,000 ビルド分、60 Dev Environment 時間、10 GB のソースストレージ、合計 64 GB の Dev Environment ストレージを取得する

ソースコードからサービス設定まで、必要なものをほぼすべて備えたブループリントを使用して、新しいプロジェクトを数分で開始できます。

プロジェクト用に完全に設定され、一般的な IDE で動作する個人用のクラウドベースの開発環境を迅速に作成できます。

継続的インテグレーションおよびデリバリー (CI/CD) パイプラインを簡単に定義し、スケーラブルなマネージドコンピューティング環境で自動的に実行できます。

統合されたアクティビティフィード、リアルタイム通知、および共有開発リソースを使用して、効率的にコラボレーションできます。

仕組み

統合ソフトウェア開発サービスである Amazon CodeCatalyst を使用して、AWS でより迅速に構築および提供できます。CodeCatalyst は AWS によるフルマネージドサービスであるため、開発に集中できます。
この図は、Amazon CodeCatalyst にアクセスするための認証情報を設定する方法、CodeCatalyst を使用してアプリケーションを開発する方法、およびそれらのアプリケーションをデプロイする方法を示しています。左から右に 3 つのセクションが表示されます。

開始方法

プロジェクトのブループリントの詳細

既存のコードを使用するか、またはブループリントを使用してプロジェクトツールを数分で設定し、ゼロから始めることができます。

詳細はこちら »

ドキュメントを参照

CodeCatalyst のドキュメントでさらに詳細をご覧ください。

続きを読む »

Dev Environment を確認する

ワンステップで、自動設定された新しい Dev Environment をオンデマンドで起動できます。

詳細はこちら »

AWS の詳細を見る