Amazon EC2 Elastic GPU を使用すると、お使いの Amazon EC2 インスタンスに OpenGL 4.2 のアクセラレーション機能を簡単に追加できます。Elastic GPU は、物理 GPU と同様にデスクトップまたはサーバー内で動作し、グラフィックコマンド専用ハードウェアを使用することによりグラフィック操作の速度を高めます。Elastic GPU はネットワーク経由でアタッチされ、Amazon EC2 インスタンスとは独立して存在します。このため、M4、M3、C4、C3、R4、R3、X1、I3、D2、T2 の各インスタンスなど、複数のインスタンスタイプでサポートされます。アタッチ後、Elastic GPU を EC2 インスタンスのローカルの GPU とほぼ同じ方法で使用して、3D アプリケーションの速度を改善できます。現時点では、Elastic GPU は Microsoft Windows Server 2012 R2 以降をサポートしています。

Amazon Elastic GPU は、EC2 インスタンスを起動し、使用する Elastic GPU のサイズを指定すると作成されます。Elastic GPU は EC2 インスタンスと同じアベイラビリティーゾーンで作成され、GPU メモリサイズは 1 GiB~8 GiB の範囲で指定できます。Elastic GPU の作成およびアタッチ後、Elastic GPU ドライバーにより Elastic GPU の存在が検出され、EC2 インスタンスとこの GPU 間の接続が確立されます。この時点で、インスタンスから、ローカルにアタッチされた GPU の場合とほぼ同じように Elastic GPU の OpenGL ライブラリを操作できるようになります。

Elastic GPU は 1 つの EC2 インスタンスのみにアタッチでき、EC2 インスタンスごとにアタッチできる Elastic GPU は 1 つだけです。Elastic GPU は、デスクトップクラウド仮想化 (DCV)、リモートデスクトッププロトコル (RDP)、仮想ネットワークコンピューティング (VNC) などの多様なデスクトップストリーミングプロトコルと組み合わせて使用できます。

Amazon EC2 インスタンスを無料でお試しください

Amazon EC2 を無料でお試し

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

Elastic GPU には、最小 1 GiB GPU メモリの eg1.medium から 8 GiB GPU メモリの eg1.2xlarge まで、さまざまなサイズがあります。このため、Elastic GPU は、ワークロードに適切な量の GPU リソースをコスト効率良く追加したい場合に最適です。この柔軟性により、スタンドアロンのグラフィックインスタンスの何分の 1 かの費用で、仮想デスクトップ、ゲーム、インダストリアルデザイン、HPC の可視化などのアプリケーションのグラフィック性能を高めることができます。

モデル GPU メモリ
eg1.medium 1 GiB
eg1.large 2 GiB
eg1.xlarge 4 GiB
eg1.2xlarge 8 GiB

Elastic GPU にはドライバーが付属しており、このドライバーが EC2 インスタンスの OpenGL アクセラレーションライブラリとなります。このドライバーは OpenGL 呼び出しを遮断し、EC2 インスタンスとリモート接続された GPU 上でグラフィックコマンドを実行します。グラフィックコマンドによりレンダリングされたフレームが、Elastic GPU ドライバーに返されます。