AWS の開始方法

React アプリケーションの構築

AWS Amplify を使用してシンプルなウェブアプリケーションを作成する

モジュール 1: React アプリケーションをデプロイしてホストする

このモジュールでは、React アプリケーションを作成し、AWS Amplify のウェブホスティングサービスを使ってそれをクラウドにデプロイします。

はじめに

AWS Amplify は、サーバーレスバックエンドを持つ静的ウェブサイトあるいは単一ページのウェブアプリケーションの構築、デプロイ、ホスティングのための詳細なワークフローを提供します。Git リポジトリに接続すると、Amplify では、Amplify CLI で設定されたフロントエンドフレームワークと任意のサーバーレスバックエンドのリソースの両方のビルド設定を決定し、すべてのコードコミットを使用して自動的に更新をデプロイします。

このモジュールでは、まず新しい React アプリケーションを作成し、それを GitHub リポジトリにプッシュします。その後、リポジトリを AWS Amplify のウェブホスティングに接続し、amplifyapp.com ドメイン上でホストされる、グローバルに利用可能なコンテンツ配信ネットワーク (CDN) にデプロイします。次に、React アプリケーションに変化を加えることで継続的デプロイ機能を説明し、マスターブランチに新しいバージョンをプッシュして自動的に新しいデプロイが開始するようにします。

学習内容

  • 新しい React アプリケーションを作成する
  • GitHub リポジトリを初期化する
  • アプリを AWS Amplify でデプロイする
  • コードの変更を実装してアプリを再デプロイする

主要な概念

React アプリケーション – React はウェブアプリケーションフレームワークで、デベロッパーが JavaScript を使用して高性能の単一ページアプリケーションをすばやく構築できるようにします。

Git – デベロッパーがファイルを保存し、ファイルとディレクトリ、バージョン、およびファイルへの変更間の関係を維持および更新できるようにするバージョン管理システム。

 所要時間

10 分

 使用するサービス

実装

まとめ

AWS Amplify を使用して GitHub と統合することによって、AWS クラウドで React アプリケーションをデプロイできました。AWS Amplify では、継続的にアプリケーションをクラウドにデプロイし、グローバルで利用可能な CDN でホストできます。

次に、アプリのローカルバージョンを作成して、開発を続け、新しい機能を追加します。

このモジュールは役に立ちましたか?

ローカルアプリを初期化する