Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) は、クラウドに仮想マシン ("インスタンス" と呼ばれます) を作成および実行するために使用されるアマゾン ウェブ サービスです。このガイドでは、AWS 無料利用枠を使用して Amazon EC2 で Linux 仮想マシンを正常に起動するステップについて、順を追って説明します。

AWS に仮想マシンを作成するにはアカウントが必要です

まずは無料で始める »
AWS アカウント作成の流れはこちら »

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »


a. ここをクリックして Amazon EC2 コンソールを開いてから、[インスタンスの作成] をクリックして、仮想マシンを作成し、設定します。

launch-instance

(クリックして拡大)

launch-instance

インスタンスを設定して起動するのをサポートする EC2 起動インスタンスウィザードを使用しています。


a. Amazon EC2 を使用して、ソフトウェアおよび使用するインスタンスの仕様を指定します。この画面では、ソフトウェア設定 (例えば、オペレーティングシステム、アプリケーションサーバー、およびアプリケーション) を含むテンプレートである Amazon Machine Image (AMI) を選択するオプションが表示されます。AMI から、クラウドで仮想サーバーとして実行される AMI のコピーであるインスタンスを起動します。

このチュートリアルでは、Amazon Linux AMI を見つけて [Select] をクリックします。

amazon-linux-ami

(クリックして拡大)

amazon-linux-ami

b. インスタンスタイプを選択します。アプリケーションのための適切な組み合わせを選択できるように、インスタンスタイプは CPU、メモリ、ストレージ、およびネットワーキング容量のさまざまな組み合わせで構成されています。詳細については、「Amazon EC2 インスタンスタイプ」を参照してください。

t2.micro のデフォルトオプションのチェックマークがオンになっています。このインスタンスタイプは無料利用枠内で利用でき、簡単なワークロードに取り組むのに十分なコンピューティング性能を提供しています。ページ下部の [Review and Launch] をクリックします。

ec2-t2-micro

(クリックして拡大)

ec2-t2-micro

c. インスタンスに選択されている設定、ストレージ、タグ付けおよびセキュリティ設定を確認できます。これらの設定をカスタマイズするオプションがありますが、このチュートリアルのデフォルト値を受け入れることをお勧めします。 

ページ下部の [Launch] をクリックします。

 

review-launch

(クリックして拡大)

review-launch

d. 次の画面では、既存のキーペアを選択するか、または新しいキーを作成するかを尋ねるダイアログが表示されます。キーペアはインスタンスへのログインに使用されます (家に入るために鍵を使用するのに似ています)。[新しいキーペアの作成] を選択し、「MyKeyPair」という名前にします。次に、[キーペアのダウンロード] ボタンをクリックします。キーペアは、必ずご使用のコンピューターの安全な場所に保存してください。

Windows ユーザー: キーペアをご自分のユーザーディレクトリの「.ssh」というサブディレクトリに保存することをお勧めします (例: C:\user\{ユーザー名}\.ssh\MyKeyPair.pem)。

注意: Windows Explorer でフォルダ名の最初をピリオドにするには、フォルダ名の最後にもピリオドを入力してください。「.ssh.」というフォルダ名を入力すると、最後のピリオドは自動的に削除されます。

Mac/Linux ユーザー: キーペアをホームディレクトリから .ssh サブディレクトリに移動することをお勧めします (例: ~/.ssh/MyKeyPair.pem)。

: SSH プライベートキー (ダウンロード中のファイル) の保存先がわからなくなった場合、ご自分の仮想マシンに接続できなくなります。

キーペアを保存したら、[インスタンスの作成] をクリックして Linux をスタートします。

: インスタンスが起動するまでに数分かかることがあります。

 

Getting-Started-VM9

(クリックして拡大)

Getting-Started-VM9

e. 次の画面で [インスタンスの表示] をクリックしてインスタンスを表示し、スタートさせたインスタンスのステータスを確認します。

Getting-Started-VM8

(クリックして拡大)

Getting-Started-VM8

f. AWS インスタンスの [パブリック IP ] アドレスをメモしておきます。ステップ 2 パート c でインスタンスに接続するときに必要になります。

: インスタンスのスタートアップが完了していない場合、[パブリック IP] のアドレスは表示されません。[インスタンスの状態] 列にはインスタンスが動作中かどうかが表示され、[ステータスチェック] 列にはインスタンスのプロビジョンが完了したことを確認する 2 つのチェックに合格したかどうかが表示されます。これらの値の表示は表の右側にある [更新] ボタンを使って更新できます。

Getting-Started-VM6

(クリックして拡大)

Getting-Started-VM6

インスタンスを起動したら、そのインスタンスに接続します。

Windows ユーザー: 下の [Windows] を選択して、Git Bash のインストール手順を参照します。

Mac/Linux ユーザー: 下の[Mac / Linux] を選択して、ターミナルウィンドウを開く手順を参照します。

  • Windows

    a. ここから Git for Windo s をダウンロードします。ダウンロードしたインストーラーを実行し、デフォルト設定を受け入れます (これにより、Git の一部として Git Bash がインストールされます)。

    Getting-Started-VM1

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-VM1

    b. デスクトップ (アイコンやファイルのないところ) で右クリックし、[Git Bash Here] を選択して Git Bash のコマンドプロンプトを開きます。

    Getting-Started-VM2

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-VM2
  • Mac / Linux

    ほとんどの場合、Mac コンピューターまたは Linux コンピューターにはデフォルトで SSH クライアントがあります。SSH クライアントがあるかどうかを確認するには、コマンドラインで ssh と入力します。使用しているコンピューターでコマンドが認識されない場合は、OpenSSH プロジェクトから、ダウンロード可能な SSH ツールの完全なスイートの無料実装が提供されています。

    a. Mac ユーザー: Command + Space を押してターミナルウィンドウを開き、検索ウィンドウに「terminal」と入力します。その後、enter キーを押してターミナルウィンドウを開きます。

    Linux ユーザー: ターミナルウィンドウを開きます。

    Getting-Started-CLI-OSX1

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-CLI-OSX1

    b. chmod コマンドを使用して、プライベートキーファイルが公開されていないことを確認するため、コマンド chmod 400 ~/.ssh/mykeypair.pem を入力し、アクセス権限を自分のプライベート SSH キーのみに制限します。

    : これはインスタンスへの接続ごとに必要な作業ではありません。所有する SSH につき 1 回のみ設定が必要です。

    Getting-Started-VM3

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-VM3

c. SSH を使用してインスタンスに接続します。この場合、ユーザー名は ec2-user であり、SSH キーはステップ 2 のパート d で保存したディレクトリにあります。IP アドレスはステップ 2 パート f のものを使用します。フォーマットは ssh -i {.pem ファイルのフルパス} ec2-user@{インスタンスの IP アドレス} になります。

Windows ユーザー: 「ssh -i 'c:\Users\yourusername\.ssh\MyKeyPair.pem' ec2-user@{IP_Address}」と入力します (例: ssh -i 'c:\Users\adamglic\.ssh\MyKeyPair.pem' ec2-user@52.27.212.125)

Mac/Linux ユーザー: 「ssh -i ~/.ssh/MyKeyPair.pem ec2-user@{IP アドレス}」と入力します (例: ssh -i ~/.ssh/MyKeyPair.pem ec2-user@52.27.212.125)。

: Amazon Linux 以外の Linux インスタンスをスタートしている場合、使用されるユーザー名が異なる場合があります。一般的なユーザー名には、ec2-user、root、ubuntu、および fedora があります。ログインユーザー名がわからない場合、AMI プロバイダーに確認してください。

以下のような応答が表示されます。

The authenticity of host 'ec2-198-51-100-1.compute-1.amazonaws.com (10.254.142.33)' can't be established. RSA key fingerprint is 1f:51:ae:28:df:63:e9:d8:cf:38:5d:87:2d:7b:b8:ca:9f:f5:b1:6f. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

yes と入力して、enter を押します。

Getting-Started-VM4

(クリックして拡大)

Getting-Started-VM4

以下のような応答が表示されます。

Warning: Permanently added 'ec2-198-51-100-1.compute-1.amazonaws.com' (RSA) to the list of known hosts.

その後、インスタンスのウェルカム画面が表示されます。これでクラウド内の AWS Linux 仮想マシンに接続されました。

Getting-Started-VM7

(クリックして拡大)

Getting-Started-VM7

EC2 コンソールで簡単にインスタンスを終了できます。ここでは、課金され続けることが無いように、使用しないインスタンスを終了することをお勧めします。


a. EC2 コンソールへ戻り、作成したインスタンスの横にあるボックスを選択します。[Actions] ボタンをクリックして「インスタンスの状態」へ移動し、[Terminate] をクリックします。

launch-windows-vm-18

(クリックして拡大)

launch-windows-vm-18

b. 終了を確認する画面が表示されるので、[Yes, Terminate] を選択します。

注意: このプロセスが完了するまでに数秒かかることがあります。インスタンスが終了すると、EC2 コンソールのインスタンスの状態は、terminated に変更されます。

launch-windows-vm-19

(クリックして拡大)

launch-windows-vm-19

ここではクラウド内のインスタンスを起動、設定、接続、および終了する方法を学びました。ドメイン名を登録してインスタンスへアタッチする方法を学ぶ次のチュートリアルへ進むことができます。これでエンドユーザーがいつでもアプリケーションまたはウェブサイトを見つけることができるようになります。

インスタンスのドメインを取得する »


はい
いいえ