Amazon Managed Grafana

運用メトリクス、ログ、トレースのためのスケーラブルで安全なデータ視覚化

プロビジョニング、セットアップ、スケーリングおよび保守を代行するワークスペースを構築、パッケージ、デプロイします。

複数のソースにまたがる運用データを可視化、分析および関連付けし、複数の AWS アカウントとリージョンにまたがるクエリを実行します。

AWS のセキュリティサービスと統合し、社内のセキュリティおよびコンプライアンス要件に対応します。

自己管理型の Grafana 環境から移行するため、ゼロから始める必要はありません。

仕組み

Amazon Managed Grafana は、人気のオープンソース分析プラットフォームである Grafana のフルマネージドサービスであり、メトリクスの保存場所に関係なく、メトリクスに関するクエリ、視覚化、理解、アラートの受信が可能です。

Amazon Managed Grafana を使用して、ダッシュボードと割り当てられたユーザーアクセスを通じてメトリクスを安全に視覚化する方法を示す図。
Amazon Managed Grafana の使い方 (3:54)
Amazon Managed Grafana の使用
Amazon Managed Grafana は、オープンソースの Grafana をベースにしたフルマネージドサービスで、運用データを簡単に可視化し、大規模に分析できるようにします。

ユースケース

オブザーバビリティを統合する

さまざまなツールからのメトリクス、ログ、およびトレースのクエリおよび関連付けを実行し、単一のビジュアライゼーションまたはダッシュボードでそれらを表示および分析します。

リソースの詳細 »

コンテナをモニタリングする

Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)、Amazon Elastic Container Service (ECS)、および Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) で実行されているセルフマネージド Kubernetes からのコンテナメトリクスを観察します。

オンラインオブザーバビリティワークショップを受講する »

運用上の問題を共同でトラブルシューティングする

チームは、ダッシュボードをリアルタイムで表示および編集し、ダッシュボードのバージョンの変更を追跡し、ダッシュボードを関係者と共有できます。

オブザーバビリティの詳細 »

IoT デバイスをモニタリングする

Grafana は、拡張可能なデータプラグインアーキテクチャと柔軟なグラフ作成オプションを備えています。そのため、IoT およびエッジデバイスデータのモニタリング向けのサービスとして人気があります。

ドキュメントを読む »

最初に行うべきこと

Amazon Managed Grafana の使用を開始する

ワークスペースを作成してユーザーを割り当てる方法について説明します。

可観測性オプションを詳しく見る

可観測性が運用上のさまざまな質問に答えるのにどのように役立つかについて説明します。

Amazon Managed Grafana の使用を開始する

AWS マネジメントコンソールで構築を始めましょう。


AWS の詳細を見る