AWS IoT FleetWise を使用すると、(メーカー、モデル、オプションにかかわらず) 車両に存在する独自のデータ形式からデータを簡単に収集して整理し、データ形式を標準化して、クラウドで簡単に分析できます。カスタムデータ収集システムを構築する必要はありません。

AWS IoT FleetWise は、サービスのインテリジェントなフィルタリング機能を使用して、ほぼリアルタイムでデータをクラウドに効率的に転送するのに役立ちます。転送するデータを選択し、気象条件、場所、車両タイプなどのパラメータに基づいてそのデータを転送するタイミングに関するルールとイベントを定義することにより、クラウドに転送されるデータの量を減らします。

データがクラウドに取り込まれると、個々の車両の問題をリモートで診断する、保証請求やリコールが発生しないようにするのに役立てるために車両フリートのヘルスを分析する、分析と機械学習を活用して自動運転や先進運転支援システムを改善するなどのタスクに使用します。

ルールベースのデータ収集

AWS IoT FleetWise は、価値の高いデータシグナルのみをクラウドに転送するために定義したルールを適用します。まず、安全装置データ、カメラデータ、その他のセンサー生成データなど、転送するデータを選択します。その後、天気、場所、車種などのパラメータに基づいて、そのデータをいつ転送するかについてのルールとイベントを定義します。これにより、不要なデータがクラウドに転送されるのを防ぐことができ、コストが削減され、より有用なデータにアクセスできるようになります。

車両モデリング

AWS IoT FleetWise を使用して、クラウド内の車両の仮想表現を構築し、共通のデータ形式を適用して、車両の属性、センサー、および信号を構造化およびラベル付けします。AWS IoT FleetWise は、Vehicle Signal Specification (VSS) を使用して車両モデリングを標準化し、「燃圧」などの信号が常に fuel_pressure として表され、ポンド力/平方インチ (PSI) およびキロパスカル (kPa) で測定されるようにします。車両のモデル化が完了したら、標準の CAN データベース (DBC) または AUTOSAR XML (ARXML) ファイルをアップロードして、AWS IoT FleetWise が車両の Controller Area Network Bus (CAN Bus) を介して送信された固有かつ独自のデータ信号を読み取れるようにします。

Edge Agent

AWS IoT FleetWise の Edge Agent は、車両とクラウド間の通信を容易にします。車両は、オンになっている間、AWS IoT FleetWise からデータ収集スキームを継続的に受信し、それに応じてクラウド転送のためにデータを収集します。サポートされている車両ハードウェアに Edge Agent をインストールします。現在は NXP S32G 車両ネットワークプロセッサがサポートされており、他のハードウェアも追加でサポートされる計画があります。Edge Agent を使用すると、作成からインストールまでのプロセスのすべてのステップを制御し、完全なデータ所有権と専有情報のコントロールを維持できます。

リモート設定のデプロイ

AWS IoT FleetWise を使用すると、クラウドベースのデータ収集スキームを車両にデプロイして、車両がスキームを受信できるようにし、スキームを受信しないときにはアクションを実行できます。例えば、地下駐車場で車両が一時的に接続を失った場合、AWS IoT FleetWise は、車両が応答するまで定期的にメッセージを再送信できます。

グローバルシグナルカタログ

すべての車両モデルの一元化されたリポジトリから、独自の車両センサーと信号を選択して標準化します。

データエンジン

AWS IoT FleetWise は、収集された車両データをメタデータと車両属性で強化します。例えば、急ブレーキのイベント中にシートベルトデータ信号を収集する場合、AWS IoT FleetWise は、車両モデルとドア数を追加することでデータを充実させ、クラウドでのイベントデータの分析を容易にします。

AWS IoT FleetWise の使用を開始する
AWS IoT FleetWise の使用を開始する

AWS コンソールで AWS IoT FleetWise を使用して構築を開始しましょう。

使用を開始する »
AWS IoT FleetWise の料金を表示
製品の料金を表示

使用されたサービスの料金のみをお支払いいただきます。前払いの義務や料金はありません。

料金のページを表示 »
IoT エキスパートとつながる
エキスパートとつながる

詳しく質問したり、ライブサポートを受けたりしましょう。

サポートに問い合わせる »