Amazon Kinesis Video Streams

分析と機械学習のためにビデオストリームをキャプチャ、処理、保存する

Amazon Kinesis Video Streams を使用すると、分析、機械学習 (ML)、およびその他の処理のために、接続されたデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるようになります。Kinesis Video Streams によって、数百万ものデバイスからの動画のストリーミングデータを取り込むために必要なすべてのインフラストラクチャが自動的にプロビジョニングされ、伸縮自在にスケールされます。また、ストリーム内の動画データに対して堅牢な保存、暗号化、インデックス作成が実行され、使いやすい API によってデータにアクセスできるようになります。Kinesis Video Streams を使用すれば、Amazon Rekognition Video との統合、および Apache MxNet、TensorFlow、OpenCV といった ML フレームワーク向けライブラリとの統合により、コンピュータビジョンアプリケーションや ML アプリケーションのすばやい構築が可能になります。

開始するには、AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、Kinesis 動画ストリームを作成および設定できます。次に、デバイスに Kinesis Video Streams SDK をインストールし、分析、処理、ストレージのために AWS への動画のストリーミングを開始できます。Kinesis Video Streams では、実際に使用した分に対してのみ支払いが発生します。前払いの義務や最低料金はありません。

AWS re:Invent 2017 での Amazon Kinesis Video Streams の発表

利点

数百万のエッジデバイスから動画をストリーミング

Amazon Kinesis Video Streams には、デバイスにインストール可能な SDK が用意されています。この SDK を使って、ストレージ、分析、機械学習、およびその他の処理のため、動画を簡単かつ安全に AWS へストリーミングできます。Kinesis Video Streams は、エッジデバイス、スマートフォン、セキュリティカメラに加えて、電波探知器、レーザー探知器、ドローン、衛星、車載カメラ、奥行センサーといったデータソースからもデータを取り込むことができます。

ビジョン対応のアプリケーションを簡単に構築

Amazon Kinesis Video Streams は Amazon Rekognition Video と統合されているため、コンピュータビジョンや動画分析を活用したアプリケーションを簡単に構築できます。一般的なオープンソースの ML フレームワークを使用して動画ストリームの処理と分析を行うカスタムアプリケーションも構築できます。

安全

Amazon Kinesis Video Streams では、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用してストリームへのアクセスをコントロールできます。データ保護のため、保管中のデータは AWS Key Management Service (KMS) によって、転送中のデータは業界標準の Transport Layer Security (TLS) プロトコルによってそれぞれ自動的に暗号化されます。

堅牢で検索可能なストレージ

Amazon Kinesis Video Streams の基盤となるデータストアには Amazon S3 が使用され、保存されたデータの堅牢性と信頼性が確保されています。ストリーム内に保存されたデータには、保存期間の設定と制御が可能です。Kinesis Video Streams では、デバイス生成タイムスタンプとサービス生成タイムスタンプに基づいて、動画の一部をすばやく検索し、取得することができます。

インフラストラクチャの管理は不要

Amazon Kinesis Video Streams では、すべてのインフラストラクチャがお客様に代わって管理されます。インフラストラクチャの設定、ソフトウェア更新、障害発生について、およびストリーム数や利用アプリケーション数の拡大に対応するためのスケーリングについて心配する必要はありません。ストリームの管理に必要なすべての管理やメンテナンスは Kinesis Video Streams によって処理されるため、革新的なアプリケーションの構築に時間を注力できます。

リアルタイムアプリケーションとバッチアプリケーションの両方を構築

Amazon Kinesis Video Streams を使用すると、データのライブストリームを使用するリアルタイムアプリケーションを構築できます。Kinesis Video Streams ではデータも保存されるため、バッチアプリケーションも実行できます。

仕組み

diagram-kinesis-video-streams-how-it-works

ユースケース

スマートホーム

Amazon Kinesis Video Streams を使用すれば、ベビーモニタ、ウェブカメラ、防犯システムといったカメラを装備した家庭用機器からの動画と音声を、AWS へ簡単にストリーミングできます。その後、ストリームを使用して、シンプルな動画再生から、インテリジェント照明、温度制御システム、セキュリティソリューションに至るまで、さまざまなスマートホームアプリケーションを構築できます。

例: ペットモニタ
diagram-kinesis-video-streams-pet-monitor-use-case

スマートシティー

多くの都市では、交通信号機、駐車場、ショッピングモール、およびほとんどの公共イベント会場に多数のカメラが設置され、動画が 24 時間年中無休でキャプチャされています。Amazon Kinesis Video Streams を使用することで、この膨大な量の動画データの取り込み、保存、分析を安全かつコスト効率に優れた方法で実行でき、交通問題の解決、犯罪の防止、緊急事態への対応人員派遣といったさまざまな用途に活用できます。

例: アンバーアラートシステム
diagram-kinesis-video-streams-smart-city-use-case

工業オートメーション

Amazon Kinesis Video Streams を使用して、電波探知器やレーザー探知器の信号、温度プロファイル、工業用機器からの深度データといった、さまざまな時間符号化データを収集できます。その後、Apache MxNet、TensorFlow、OpenCV など好みの機械学習フレームワークによってデータを分析し、予知保全などの工業オートメーション分野のユースケースに役立てることができます。例えば、ガスケットやバルブの寿命を予測し、部品交換を事前にスケジュールすることで、製造ラインのダウンタイムや不具合を減少できます。

例: 機器の予防保全
diagram-kinesis-video-streams-thermal-camera-use-case

導入事例

Amazon Kinesis Video Streams の使用を開始する

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

入門ガイドを見る

手順のガイドで Kinesis Video Streams の使用方法をお読みください。
icon3

動画対応アプリケーションの構築を開始する

この チュートリアルでは、Raspberry Pi デバイスから動画をストリーミングします。

Amazon Kinesis Video Streams の特徴の詳細

特徴ページをご覧ください
構築を始めましょう。
Kinesis Video Streams を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ