AWS OpsWorks スタックは、アプリケーションやサーバーを AWS 上とオンプレミスで管理できるようにします。OpsWorks スタックでは、負荷分散、データベース、アプリケーションサーバーなどのさまざまなレイヤーを含むスタックとしてアプリケーションをモデリングできます。Amazon EC2 インスタンスを各レイヤーにデプロイして設定することも、Amazon RDS データベースなどのその他のリソースに接続することもできます。OpsWorks スタックでは、事前に設定したスケジュールに基づいて、またはトラフィックレベルの変化に応じてサーバーの自動スケーリングを設定でき、ライフサイクルフックを使用することで環境の規模に合わせて変更を調整します。Chef Solo を使用して Chef レシピを実行することで、パッケージのインストールと言語やフレームワークのプログラミング、ソフトウェアの設定などのタスクを自動化できます。

AWS OpsWorks

使用を開始する
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

opsworks-video-thumbnail
3:16
AWS OpsWorks スタックの紹介

OpsWorks_Benefit_SupportApp

AWS OpsWorks スタックは、シンプルなウェブアプリケーションから非常に複雑なカスタムアプリケーション、およびスクリプト化されたインストールのソフトウェアまで、多様なアーキテクチャをサポートします。AWS OpsWorks スタックは、Chef レシピや Bash/PowerShell スクリプトをサポートするため、MongoDB や Elasticsearch など、コミュニティで構築された設定を活用できます。始めに、リソースとソフトウェア設定を定義するレイヤーを使用して、アプリケーションをモデル化および可視化します。ニーズ、プロセス、およびツールに適合するようにアプリケーション設定のすべての面を制御します。

OpsWorks_Benefit_ConfigurationCode

AWS OpsWorks スタックでは、お手持ちのアプリケーションのソースコードとまったく同じように保守およびバージョン管理できる書式で、環境全体の設定を定義できます。新規インスタンス上でソフトウェア設定を再現し、変更をすべての実行中のインスタンスに適用できるため、常に整合性がある設定を保つことができます。インスタンスの数が 1 つでも数百でも、ボタンをクリックするだけで、Git や Subversion などのソースリポジトリからインスタンスにアプリケーションをデプロイできます。

OpsWorks_Benefit_Automation

AWS OpsWorks スタックでは、自動インスタンススケーリングや自動復旧など、アプリケーションの使用期間を通して効率的に管理できる動的な設定や調整が可能です。オンラインになる新しい各インスタンスは自動的に仕様に合わせて構築され、システムイベントに対応して設定を変更できます。これにより、例えば、新しいウェブサーバーがオンラインになったとき、手動ステップなしで、ウェブアプリケーションのファイアウォールの設定を変更できます。

OpsWorks_Benefit_ResourceOrganization

AWS OpsWorks スタックでは、スタック、レイヤーおよびアプリケーションなどの概念を使用して、アプリケーションをモデルリングおよび可視化できます。OpsWorks スタックダッシュボードには、すべての AWS リージョンにあるスタックのステータスが表示されます。AWS OpsWorks スタックは、スタック名とレイヤー名でリソースにタグを付けるので、検出を容易にし、モニタリング、コスト割り当て、および権限の論理的グループ化をサポートします。AWS IAM ユーザーに特定のスタックへのアクセス権を付与し、マルチユーザー環境の管理を容易にします。 

OpsWorks_Benefit_SupportsAnyServer

AWS OpsWorks スタックは、既存の EC2 インスタンスや独自のデータセンターで実行中のサーバーを含むあらゆる Linux サーバーまたは Windows サーバーにおいて、ソフトウェア構成、パッケージのインストール、データベースのセットアップおよびコードのデプロイといった運用タスクを自動化するのに役立ちます。1 つの設定管理サービスを使用して、ハイブリッド型アーキテクチャ全体でアプリケーションをデプロイおよび運用できます。



AWS OpsWorks スタックにより、一緒に管理するリソースのセットの設定方法を定義するレイヤーを使用して、アプリケーションをモデリングして可視化することができます。また、各 Layer にインストールスクリプトや初期化タスクなどのソフトウェア設定を定義することもできます。1 つのインスタンスが 1 つの Layer に追加されると、すべての設定手順が適用されます。OpsWorks スタックでは規約が重視されていますが、ご利用の環境のあらゆる要素をカスタマイズするための十分な柔軟性があります。 AWS OpsWorks スタックはスクリプトでインストールを行うためのあらゆるソフトウェアをサポートします。OpsWorks スタックは Chef フレームワークを使用するため、独自のレシピを使用するか、コミュニティで作成された何百もの設定を活用することができます。

 

AWS OpsWorks スタックは、継続的な統合などの DevOps の原則をサポートします。環境内のすべてを自動化できます。コードのデプロイ方法を指定するだけでなく、Chef レシピを使ってサーバー上のソフトウェアを設定したり、AWS API を使ってリソースをプロビジョニングしたりすることができます。これにより、ソースリポジトリからビルドサーバー、統合テスト、実稼働までのパイプラインがサポートされます。