AWS Outposts

AWS インフラストラクチャをオンプレミスで実行し、真に一貫したハイブリッドエクスペリエンスを実現

AWS Outposts により、ネイティブの AWS サービス、インフラストラクチャ、運用モデルをほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミスの施設で利用できるようになります。オンプレミスおよびクラウド全体で同じ API、同じツール、同じハードウェア、同じ機能を使用して真に一貫したハイブリッドエクスペリエンスを実現できます。Outposts は、低レイテンシー、もしくはローカルでデータ処理の必要があるためにオンプレミスに残されているワークロードをサポートできます。

AWS Outposts は以下の 2 種類の形式があります。1) 同じ VMware 制御プレーンと、インフラストラクチャでの実行に使用するのと同じ API を使用できる VMware Cloud on AWS Outposts。2) AWS クラウドで使用するのと同じ既存の API と制御プレーンを、オンプレミスで使用できる AWS のネイティブ型 AWS Outposts。

AWS Outposts インフラストラクチャは、最新の AWS サービスへのアクセスを提供するため、フルマネージド型で、AWS により管理およびサポートされています。 AWS マネジメントコンソールにログインして Outposts サーバーを注文し、幅広いコンピューティングとストレージのオプションから選択するだけで、簡単に開始できます。サーバーを 1 台以上、またはクォーター、ハーフ、フルラック単位で注文できます。

Site-Merch_reInvent_Frontier_Editorial

利点

AWS をオンプレミスで拡張する

AWS Outpost を使用すると、アプリケーションを書き換えることなく、一度開発して AWS クラウド またはオンプレミスにデプロイできます。Outposts で、AWS クラウド環境とオンプレミス環境にわたって同じハードウェアとソフトウェアのインフラストラクチャ、および一貫したサービスのセットとツールを使用し、最新のクラウドネイティブアプリケーションを任意の場所に構築して実行できます。

管理プレーンを選択する

AWS Outputs では AWS クラウドやオンプレミスのロケーションにあるすべてのアプリケーションの API やマネジメントコンソール、自動化、ガバナンスポリシー、およびセキュリティ管理の管理プレーンとして、AWS のネイティブ型 AWS Outputs もしくは VMware Cloud on AWS Outposts を選択できます。

フルマネージド型

AWS Outpost は、AWS によって完全に管理されサポートされています。AWS はパブリック AWS リージョンで進行中のオペレーションの一部として、AWS Outpost を自動的に管理し更新します。インフラストラクチャの更新やパッチ適用について心配する必要はありません。

将来性を考えたインフラストラクチャ

AWS Outpost を使用すると、ニーズに基づいて、幅広いコンピューティング、メモリ、およびストレージのオプションから選択できます。Outposts は、最新のハードウェアおよび次世代インスタンスに簡単にアップグレードして、すべてのネイティブ AWS および VMware アプリケーションを実行できます。

この機能の説明

product-page-diagram_frontier_how-it-works_Final