AWS SDK for Python (Boto3) を使用すると、AWS の使用を迅速に開始できます。Boto3 を使用することで、Python のアプリケーション、ライブラリ、スクリプトを AWS の各種サービス(Amazon S3、Amazon EC2、Amazon DynamoDB など)と容易に統合できます。


リソース API

Boto3 には、2 つの異なるレベルの API があります。クライアント(「低レベル」)API では、下層の HTTP API 操作との 1 対 1 のマッピングが提供されます。リソース API では、明示的なネットワーク呼び出しが表示されず、属性にアクセスしアクションを実行するためのリソースオブジェクトとコレクションが提供されます。以下に例を示します。

for i in ec2.instances.all():

    if i.state['Name'] == 'stopped':

        i.start()

整合性のある最新のインターフェイス

Boto3 の "クライアント" インターフェイスと "リソース" インターフェイスには、AWS API を記述した JSON モデルによって実行される動的に生成されたクラスが用意されています。これにより、サポートされているすべてのサービス間で強力な整合性を維持しながら、極めて迅速に更新を実行できます。

 

 

Python 2 および 3 のサポート

Boto3 は、Python バージョン 2.6.5+、2.7、3.3+ でのネイティブサポートを提供するために基礎から構築されました。

 

Waiter

Boto3 には、AWS リソースにおける事前定義ステータスの変化を自動的にポーリングする "waiter" が付属しています。例えば、Amazon EC2 インスタンスを開始し、waiter を使用してそのインスタンスが "running" 状態になるまで待機する、または新しい Amazon DynamoDB テーブルを作成し、それが使用可能になるまで待機するといったことが可能です。Boto3 では、クライアント API とリソース API の両方に waiter が用意されています。

サービス固有の高レベル機能

Boto3 には、Amazon S3 の自動マルチパート転送や Amazon DynamoDB の簡略化されたクエリ条件など、サービス固有の機能が多数用意されています。

 

 

 

 


他の開発者とのコミュニケーションを図る: Python コミュニティフォーラム »

AWS での Python の使用に関する詳細を確認する: Python 開発者センター »

最新の SDK に関する詳細を確認する: Change Log »

ソースコードの詳細を確認する: GitHub リポジトリ »


Boto のオリジナル版(AWS SDK for Python バージョン 2)は、引き続き pip (pip install boto) を使用してインストールできます。プロジェクトおよびドキュメントは、GitHub およびドキュメントの閲覧で入手できます。