Bustle は、AWS Lambda を使用して運用に関する懸念を払拭しました。コードを書いてデプロイするだけで、そのコードは無限にスケーリングします。インフラストラクチャ管理は完全に不要です。チームの大きさは、この規模のサイトを構築および運営するのに通常必要な人数の半分です。
Tyler Love 氏 最高技術責任者

Bustle.com は女性向けにニュース、エンターテインメント、ライフスタイル、ファッションなどの情報を提供するウェブサイトです。また、Bustle は母性 (母親であること) にフォーカスしたウェブサイト Romper.com も運営しています。ニューヨークのブルックリンに拠点を置く Bustle のウェブサイトの訪問者は、月間 5000 万人におよびます。

  • Bustle は当初、サードパーティーの「プラットフォームアズアサービス (PaaS)」を利用していましたが、規模の拡大と可用性の向上を目指して AWS OpsWorks の使用に移行しました。
  • Bustle のサイトはモノリスのような構造で、スケーリングが困難でした。
  • また、円滑なサイト運営を維持するために、サーバー管理、自動化、モニタリングに大変な手間がかかっていました。このことは、新しく入ったエンジニアが変更した新コードを公開する際の妨げになっていました。
  • エンジニアリングチームは、顧客に最大価値を提供できる領域に集中することを望んでいました。その領域とは、サイト運営ではなく、フロントエンド機能の構築です。
  • Bustle は AWS Lambda を使用して、Amazon Kinesis Streams がリアルタイムにストリーミングする、サイトの大量のメトリクスデータの処理を開始しました。これによってチームはデータ取得を高速化し、サイトの新機能が訪問数に与える影響を把握できるようになりました。また、ユーザーエンゲージメントの計測も可能になり、より効率よくデータに基づいて意思決定できるようにもなりました。
  • さらにチームは、AWS Lambda および Amazon API Gateway を使用して、完全サーバーレスのウェブサイト運営を目指すことを決めました。テストとして、Bustle は、AWS Lambda、Amazon API Gateway、セルフマネージド Redis データストアといったサーバーレスバックエンドで動作する Ember.js と Riot.js を使用し、Romper.com を構築しました。
  • Bustle はまた、AWS Lambda と Amazon API Gateway による独自のソフトウェアデリバリーツールを構築しました。このツールを使用すると、開発者はコードを本番環境にリリースする準備が整うと、簡単に統合テストやデプロイできるようになります。
  • サーバーレスバックエンドは Romper のウェブサイトと iOS アプリとともに、Bustle iOS アプリをサポートしています。Bustle は Bustle.com 全体をサーバーレスバックエンドに移行する予定です。
bustle_arch-diagram
  • AWS Lambda により、エンジニアリングチームはアプリケーションのスケーリングについて考える必要がなくなりました。スケーリングする本番稼働用コードをデプロイするのにかかるコストは、エンジニアがだれかに関わらず、極めて少なくなりました。インフラストラクチャ管理が不要になったため、エンジニアは全員が新機能の構築とイノベーションに集中できます。
  • サーバーの保守も不要なため、Bustle レベルの規模のサイトを構築、運営するのに通常必要なチームの人員は半減しました。
  • さらに、Bustle はサーバーレスアーキテクチャへの移行により、約 84% のコスト削減を実現しました。

AWS Lambda を使用してウェブおよびモバイル向けサーバーレスバックエンドを運用する方法の詳細については、AWS Lambda のページをご覧ください。