Rivian ロゴ

Rivian が AWS でアジャイルエンジニアリングのビジョンを実行

2021 年
電気自動車メーカーの Rivian は、短期化するエンジニアリングのスケジュールに対応し、物理的なプロトタイプの必要性を減らすために、高度なモデリングとシミュレーションの技術を利用しています。高いコンピューティング性能を持つシミュレーションを使用することによって、エンジニアは新しいコンセプトをテストし、設計を迅速に市場に投入できます。

2020 年に Rivian は、オンプレミスリサーチと開発インフォメーションテクノロジーのインフラストラクチャでは、パフォーマンスのニーズに対応できないことに気が付きました。リソースのボトルネックが、製品ライフサイクル管理、コンピュータ支援設計、およびコンピュータ支援エンジニアリングに影響を与えたため、Rivian はアマゾン ウェブ サービス (AWS) を使用して俊敏なエンジニアリング環境を構築し始めました。
Rivian が AWS で自動車分野のイノベーションのペースを加速
kr_quotemark

「クラウドの高性能コンピューティングに懐疑的だった人たちも、AWS での成果を見て、心を開いてくれるようになりました」

Madhavi Isanaka 氏
Rivian、最高情報責任者

効率的なコンピューティングでイノベーションを加速

Rivian は、自動車の航続距離を伸ばし、高い安全基準を維持するために、コンピュータ支援エンジニアリングツールを利用しています。しかし、2020 年初頭、同社のオンプレミスの高性能コンピューティングクラスターの 1 つが故障し、コンピューティング性能が半減しました。Rivian は、この課題を克服するためにクラウドを活用しました。

「当社のエンジニアは、修理に 6 か月かかると予想していました」と、Rivian の最高情報責任者である Madhavi Isanaka 氏は述べています。代わりに、Rivian は AWS で新しいコンピューティングクラスターを構築しました。「3 週間で、AWS で動作する概念実証ができました」と、Isanaka 氏は語っています。その成功を受けて、同社は本番環境の移行を行いました。クラウドでは、Rivian のエンジニアはオンデマンドでリソースにアクセスし、自動化できます。

広範な AWS のサービスの使用

AWS では、Rivian のソフトウェアツールの速度が最大 66% 向上し、Rivian は全車両の部品表を 22 分でロードできるようになりました。同社は、コンピューティングあたりの価格が低く、コスト効率性に優れ高パフォーマンスを実現する Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) C5 インスタンスを使用しています。Amazon EC2 C5n インスタンスと Amazon EC2 インスタンス用のネットワークインターフェイスである Elastic Fabric Adapter (EFA) を使用することにより、Rivian のエンジニアは多くのコアにスケールアウトすることができます。

AWS セレクトコンサルティングパートナーである X-ISS は、顧客のマルチユーザー環境の構築と運用を支援する AWS でのスケールアウトコンピューティングのシステムおよびアプリケーションの技術サポートを、Rivian のコンピュータ支援エンジニアリングチームに提供しています。「製品開発の初期段階では、物理的な車両を多く持たず、AWS を使ってデザイン空間を実現しています」と Isanaka 氏は述べています。フルマネージド型ストレージサービスである Amazon FSx for Lustre を利用することにより、Rivian は共有ストレージにすばやくアクセスできます。さらに、グローバルな専門家チームである AWS プロフェッショナルサービスに相談することによって、アプリケーションの可用性を維持する Amazon EC2 Auto Scaling を使って、データの可用性も向上しました。

AWS では、製品ライフサイクル管理の操作が 66% 高速化しています。また、Rivian は、 Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を利用することによってフェイルオーバーを改善しました。これにより、クラウドでのリレーショナルデータベースの設定、運用、拡張がシンプルになります。これまで最長 1 日かかっていたバックアップの同期が、1 時間以内に完了するようになりました。「Rivian の急成長に伴い、拡張性の高いシステムが必要です」と述べているのは、Rivian の 3DExperience テクニカルリードの Surendra Balu 氏です。「5 日かかっていた変更が、数分でできるようになりました」 また、クラウドのプロビジョニングを高速化できる AWS CloudFormation を利用することにより、Rivian では継続的インテグレーション/継続的デリバリーによる自動デプロイが可能になりました。

効率性とイノベーションのための最適化

Rivian では、今後もワークロードを AWS に移行し、よりシームレスな後処理や可視化を行っていく予定です。「クラウドの高性能コンピューティングに懐疑的だった人たちも、AWS での成果を見て、心を開いてくれるようになりました。これにより、全社的な導入が加速されています」と、Isanaka 氏は述べています。

Rivian について

Rivian は、電気自動車メーカーであり自動車向けのテクノロジー企業です。自動車の設計・製造を行うとともに、持続可能な交通に関連するサービスを提供しています。

AWS の利点

  • 物理プロトタイプの必要性が軽減
  • ソフトウェアのスピードが最大 66% 高速化
  • コンピューティングリソースの可用性が向上
  • 共有ストレージによるコラボレーションが可能

使用されている AWS のサービス

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能をクラウド内で提供するウェブサービスです。デベロッパーがウェブスケールのクラウドコンピューティングを簡単に利用できるように設計されています。

詳細 »

Amazon FSx for Lustre

Amazon FSx for Lustre は、コンピューティングワークロードに、コスト効率の高い高性能でスケーラブルなストレージを提供するフルマネージドサービスです。機械学習、高性能コンピューティング (HPC)、ビデオレンダリング、金融シミュレーションといった多くのワークロードは、高性能共有ストレージを介して同じデータセットにアクセスするコンピューティングインスタンスに依存しています。

詳細 »

AWS プロフェッショナルサービス

AWS プロフェッショナルサービスは、AWS クラウドを使用して期待するビジネス上の成果を実現するようお客様をサポートできる、専門家からなるグローバルチームです。当社はお客様のチームおよび選任された AWS Partner Network (APN) のメンバーと協力し、エンタープライズクラウドコンピューティングの取り組みを実行します。

詳細 »

Amazon RDS

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用すると、クラウド上のリレーショナルデータベースのセットアップ、オペレーション、スケールが簡単になります。

詳細 »

今すぐ始める

あらゆる業界のさまざまな規模の組織が AWS を活用してビジネスを変革し、日々ミッションを遂行しています。当社のエキスパートにお問い合わせいただき、今すぐ AWS ジャーニーを開始してください。