Siemens_Customer-Reference_Logo

Siemens の AWS 活用事例

電化、自動化、デジタル化の分野における世界的なリーダーである Siemens AG は、175 年近くにわたり、さまざまな業界でイノベーションを促進してきました。Siemens は一連の AWS のサービスを使用して、変革という伝統を受け継いでいます。鉄道や工場への産業向け IoT (IIoT) の導入、建物や分散エネルギーシステム向けのインテリジェントなインフラストラクチャの開発、サイバーセキュリティプラットフォームへの AI の実装など、多くの業務を行っています。

Siemens AG が、業界をリードする EnergyIP MDM アプリケーションの運用を AWS 上で開始

2020 年

Siemens は、EnergyIP メーターデータ管理 (MDM) アプリケーションをモダナイズするときが来たと判断しました。このアプリケーションは、200 社以上の電気、ガス、水道会社が 9000 万個以上のメーターを管理できるようにします。Siemens は、過去 20 年にわたりオンプレミスの EnergyIP MDM を提供していましたが、クラウド上にホストされた MDM サービスも提供することで、コンピューティング効率とカスタマーサービスを向上できる可能性があることを、最近認識しました。複雑なエンタープライズアプリケーションのクラウド移行は大変なプロジェクトでしたが、アマゾン ウェブ サービス (AWS) が、移行のすべての段階において支援しました。

続きを読む
1057253610

Siemens Energy が、Metaphactory ナレッジグラフを使用してアプリケーション開発を加速

2020 年

Siemens Energy は、仮想の発電所向けのソリューションやグリッド管理、ストレージソリューションを提供している、ドイツを拠点とする製造企業です。同社は Amazon Neptune を使用して、世界の複数の国で運用している数千機のガスタービンを管理しています。同社は、AWS Marketplace の無料試用版を通じて Metaphactory を調達し、それにより迅速な市場投入とコスト効率を実現しました。

続きを読む

Siemens が AWS 機械学習サービスを使用して従業員アンケートにおける新しい価値を発見

2019 年

Siemens は、AWS 機械学習のテクノロジーを使用して四半期ごとに従業員アンケートを実施し、その結果を 2 週間以内に解釈、分析しています。同社のアンケート処理ソリューションでは、ニューラル機械翻訳サービスである Amazon Translate、マネージド機械学習サービスである Amazon SageMaker、テキストの関連性を発見する自然言語処理サービスである Amazon Comprehend を使用しています。

続きを読む

Siemens は AWS 機械学習を用いて毎秒 60,000 ものサイバー脅威に対処

2019 年

Siemens は AI 対応のサイバーセキュリティープラットフォームを AWS 上に構築しました。Siemens は、電化、自動化、デジタル化の世界的な企業です。このプラットフォームは Amazon SageMaker を用いて予測と行動、AWS Glue でデータを抽出、変換、ロード、そして AWS Lambda でイベントに対処してコードを実行します。

続きを読む

quote-marks

AWS では、弊社の AI 対応のサイバーセキュリティープラットフォームは世界最強の公開ベンチマークを超越しています」

Jan Pospisil 氏
Siemens Cyber Defense Center のシニアデータサイエンティスト、Jan Pospisil 氏


Siemens が、AWS を利用して発電所のアラートを 90% 削減

2019 年

Siemens がサーバーレス AWS ソリューションを構築して、発電所のアラートを分析してその数を削減しました。同社は、電力、医療、ラボ、製造のソリューションを提供しています。このソリューションでは、AWS Lambda を使用して分析を調整し、Amazon DynamoDB を使用して分析プロセスの結果を保持しています。

続きを読む
siemens-power-plant-innovator

Siemens Mobility が、鉄道事業者のダウンタイムと計画外のメンテナンスの回避をサポート

2019 年

Siemens Mobility は、AWS で鉄道データ統合用のオープンエコシステムを開発、実装してデータの運用を簡素化し、民主化しました。同社は、160 年以上にわたり輸送ソリューションのリーダーとして、車両、鉄道の自動化と電化、ターンキーシステム、インテリジェントな交通システム、および関連サービスという核となる領域において、継続的にポートフォリオをイノベーションしています。このソリューションには、データカタログ用の Amazon S3 に基づくデータレイク、データ変換用の AWS Glue、インタラクティブなクエリ用の Amazon Athena、無制限のデータの処理と分析用の Amazon EMR が含まれます。

続きを読む

Siemens Smart Infrastructure が、AWS で建物のデータをサイロから取り出す

2019 年

Siemens Smart Infrastructure は、AWS を使用して Building Twin from Siemens を構築しました。これは、ソースセンサーやシステムが何であっても、建物から生成されたデータを取り込んで提示するプラットフォームです。Siemens Smart Infrastructure は、物理製品とシステム、クラウドベースのデジタルサービス、および付加価値サービスを提供します。AWS Professional Services は、グラフデータベースエンジンとして Amazon Neptune を、ウェブスケールのクラウドコンピューティングリソースのために Amazon EC2 を、トリガーに対応してコードを実行する AWS Lambda をそれぞれ使用して、Siemens Smart Infrastructure による Bulding Twin プラットフォームの構築を支援しました。

続きを読む

Siemens の AWS 上の MindSphere は、顧客が産業向け IoT (IIoT) から価値を得るまでの時間短縮を加速

2019 年

Siemens は、世界中のインダストリアルオートメーションデバイスの最大 80 パーセントに容易に接続でき、顧客が産業向け IoT (IIoT) から価値を得るまでの時間を短縮できる IIoT オペレーティングシステムである、MindSphere をAWS ネイティブのアーキテクチャ上で構築しました。MindSphere は、オーケストレーションのための AWS Lambda、データとデバイスの疎結合化のための Amazon Kinesis など、多くの AWS のサービスを使用しています。

続きを読む

Siemens は、AWS 上でスタートアップに類似した環境で Junelight Smart Battery を構築

2019 年

Siemens は、AWS のサービスを使用して、太陽エネルギーを蓄積するためのコンシューマー向けスマートバッテリーである Junelight Smart Battery を、わずか 18 か月で市場に投入しました。

続きを読む

AWS re:Invent 2019: Siemens MindSphere プラットフォームのアーキテクチャ

2019 年

デジタルトランスフォーメーションソリューションを提供し、ビジネス全体にわたり価値を実現して、インダストリー 4.0 を採用する戦略の一環として、Siemens は MindSphere を構築しました。これは AWS 上でホストされるオープンな IoT オペレーティングプラットフォームです。Siemens は、オートメーション、IoT、クラウドコンピューティングにより、同社が収集、分析、モニタリングするデータで、ビジネスの問題を解決することができます。Siemens が、世界トップクラスの製造効率を達成するために、同社の世界各地の工場および顧客に向けて MindSphere を AWS 上に構築した方法とその理由をご覧ください。
動画を見る
SIEMENS SMART INFRASTRUCTURE に関する記事

2020 年
siemens-press-release-innovator-page2
Siemens Smart Infrastructure は、SAP 環境の推奨クラウドプロバイダーとして AWS を選択
Siemens Smart Infrastructure は、Siemens AG 内で実稼働スケールでビジネスクリティカルな SAP 環境をクラウドに移行する最初の企業となりました。
続きを読む 
SIEMENS SMART INFRASTRUCTURE に関する動画

2020 年
Siemens Smart Infrastructure は AWS 上にクラウドネイティブアプリケーションを構築
Siemens Smart Infrastructure は、AWS を使用して Building Twin from Siemens を開発しました。これは、ソースセンサーやシステムが何であっても、建物から生成されたデータを取り込んで提示するプラットフォームです。AWS プロフェッショナルサービスは、グラフデータベースエンジンとして Amazon Neptune を、データストレージとして Amazon Simple Storage Service をそれぞれ使用して、Siemens Smart Infrastructure による Building Twin プラットフォームの作成を支援しました。この動画では、Siemens Smart Infrastructure のトレンドおよび産業関連ユニットのバイスプレジデントである Peter Löffler 氏が、Siemens のクラウドネイティブプラットフォームおよびアプリケーションの開発において、AWS が支援で果たした役割について説明します。
動画を見る 
Siemens の導入事例 - AWS サポート

2018 年
Siemens は、AWS サポートの支援により、パブリッククラウドに効率よく移行
Siemens は、データ分析のため、Amazon Elastic Compute Cloud、Elastic Load Balancing、Amazon Relational Database Service、AWS Auto Scaling、Amazon ElastiCache、AWS CloudTrail など、幅広い AWS のサービスを使用しています。Siemens は、移行を最適化し、コストを削減するために、AWS サポートを使用しています。
動画を見る 
Siemens Power and Gas の導入事例

2018 年
Siemens Power and Gas は AWS Marketplace の Matillion ETL for Redshift を使用してデータ分析を高速化
Siemens Power and Gas 部門は、データ分析と顧客のデジタル化プロジェクトを加速させる方法を探していました。Amazon Redshift を選択した後、最高クラスのソフトウェアによるソリューションを構築したいと考えました。Siemens が AWS Marketplace で検索して見つけた Matillion ETL for Amazon Redshift の無料トライアルを実行したところ、既存の AWS 環境内での試行、購入、実装に 1 時間もかかりませんでした。Siemens Power and Gas は、引き続き AWS Marketplace を使用して、数分でセットアップでき、ソフトウェアの実装の容易さによるプロジェクトタイムラインの数週間の短縮や、調達サイクルの短縮を実現できるソフトウェアの検索、試行、購入を行っています。
動画を見る 
Siemens PLM の導入事例

2017 年
AWS re:Invent 2017: Siemens PLM の「AWS 優先」戦略と MindSphere のローンチ
Siemens は、Amazon Kinesis、Amazon Elasticsearch Service、Amazon Athena を含む 40 以上のサービスを使用して、Siemens Mobility、Siemens Power and Gas、Siemens PLM などの複数の事業部門においてイノベーションを推進してきました。Siemens PLM は製品ライフサイクル管理ソフトウェアを何千もの企業に提供し、「AWS優先」戦略に従い MindSphere 産業用 IoT プラットフォームを強化しています。Siemens Mobility では予知保全 SaaS ソリューションを構築し、Siemens 対応トレーニングの可用性と信頼性を 87% から 99% に向上させました。Amazon EC2 スポットインスタンスおよび AWS Lambda を使用することによって、Siemens Power and Gas 部門は、1 日かかる数テラバイトのデータの取り込みを数分で終わらせることができました。
動画を見る 
AWS 導入事例: Siemens Healthcare Diagnostics

2016 年
AWS は、Siemens がより低いコストでより優れたケアを提供できるよう支援
Siemens Healthcare Diagnostics は、イノベーションを通じて人々の健康促進を支援しています。Siemens は、Elastic Load Balancing、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)、Amazon Elastic Cloud Computing (Amazon EC2)、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)、Auto Scaling、Amazon ElastiCache、AWS CloudTrail などのサービスを利用することにより、安全で、HIPAA に準拠した、スケーラブルなプラットフォームを AWS に構築しています。
動画を見る 
AWS ベルリンサミット 2019: Siemens の導入事例

2019 年
より優れたデータ分析を通じた、さらに安全な鉄道
Siemens は、AWS を使用して Railigent アプリケーションを鉄道事業者に提供しています。このアプリケーションは、運行中の列車からデータを収集し、鉄道ネットワークの安全と効率を確実にするための、データ駆動型の意思決定において事業者を支援しています。Siemens のデベロッパーは、これを実現するために、複数のビジネスサイロ間でデータにアクセスし、データ効率を管理する必要がありました。データは組織全体で一貫して保存されていなかったため、データセットの準備には数か月かかる可能性があり、コストは受け入れられないほど高くなりました。この動画で、Siemens のデジタルサービス調査開発責任者である Yvonne Quacken 氏が、AWS を使用する理由と、AWS を使用して Railigent 用の環境を構築した方法について説明します。
動画を見る 

開始方法

あらゆる業界のさまざまな規模のお客様が、AWS を活用してビジネスを日々変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。