この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

集中ロギングソリューションにより、組織は単一のダッシュボードで Amazon CloudWatch Logs を収集、分析、表示できます。このソリューションは、様々なソースからのログファイルを統合、管理、分析します。複数のアカウントと AWS リージョンから Amazon CloudWatch Logs を収集できます。

このソリューションは、Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Service の後継) と、Amazon OpenSearch Service と統合された分析および視覚化プラットフォームである Kibana を使用して、すべてのログイベントの統合ビューを実現します。このソリューションを他の AWS マネージドサービスと組み合わせると、ターンキー環境を構築でき、AWS 環境とアプリケーションのロギングと分析を開始できます。

関連コンテンツを確認するにはこちらをクリック 

利点

集中ロギングのリファレンス実装
空欄

AWS CloudFormation テンプレートにより、複数のアカウントや AWS リージョンからログファイルを Amazon OpenSearch Service にアップロードするために必要なコンポーネントの起動と設定が自動的に行われ、カスタマイズ可能な使いやすいダッシュボードで分析と可視化を実行できます。

Amazon Cognito を使用したダッシュボードへのアクセス
空欄

Amazon Cognito を使用してダッシュボードへのアクセスを制御し、Amazon OpenSearch Service の認証を簡素化する。

デフォルトの AWS のサービスログを超えるロギング機能
空欄

デフォルトの AWS のサービスログよりもロギング機能を拡張する。この柔軟なソリューションには、ホストレベルのログファイルおよび VPC フローログをキャプチャするためのサンプルが含まれており、拡大するビジネスに合わせてスケールできるよう設計されています。

組み込みの Amazon OpenSearch Service サポートを使用したデータの可視化

組み込みの Kibana 向け Amazon OpenSearch Service サポートを使用してデータ可視化を簡素化する。このサポートにはデフォルトで事前設定された一連のダッシュボードが含まれており、最初に Kibana のカスタマイズ機能を確認できるようになっています。

AWS ソリューション実装の概要

次にアーキテクチャ図を示します。これは、ソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできます。

集中ロギング | アーキテクチャ図
 クリックして拡大する

集中ロギングのアーキテクチャ

集中ロギングソリューションには、ログの取り込み、ログのインデックス作成、および視覚化といったコンポーネントが含まれています。ログデータを保存する予定の AWS アカウントに AWS CloudFormation テンプレートをデプロイする必要があります。

  1. ログの取り込み: Amazon CloudWatch Logs の送信先はプライマリアカウントにデプロイされ、選択した各リージョンで必要なアクセス許可を使用して作成されます。CloudWatch Logs サブスクリプションフィルターは、ロググループを集中ロギングアカウントにストリーミングするように設定できます。オプションのデモ AWS CloudFormation テンプレートをデプロイして、AWS CloudTrail のサンプル CloudWatch Logs、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) フローログ、および Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) ウェブサーバーを生成できます。
  2. ログのインデックス作成: 一元化された Amazon Kinesis Data StreamsAmazon Kinesis Data Firehose は、一元化された Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Service の後継) ドメインのログイベントにインデックスを付けるようにプロビジョニングされています。ログイベントをストリーミングするために作成された CloudWatch Logs の送信先には、ターゲットとして Kinesis Data Streams があります。ログイベントが Kinesis Data Streams にストリーミングされると、サービスは AWS Lambda 関数を呼び出して各ログイベントを Amazon OpenSearch Service ドキュメントに変換し、Kinesis Data Firehose に配置されます。Kinesis Data Firehose が各配信ストリームの詳細なモニタリングデータを含むカスタム CloudWatch Logs を送信している間、Kinesis Data Firehose を監視できます。
  3. 視覚化: Amazon OpenSearch Service と Kibana は、データの視覚化と探索のためのサポートを提供します。Amazon OpenSearch Service ドメインは Amazon VPC 内に作成され、Kibana ダッシュボードへのパブリックアクセスを防ぎます。オプションで、Microsoft Windows Jumpbox Server を起動して、Amazon OpenSearch Service クラスターと Kibana ダッシュボードにアクセスすることができます。
下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
動画
AWS ソリューションを使用した解決: 集中ロギング
先頭に戻る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら