この AWS ソリューションの内容

この AWS ソリューションは、法人のお客様が工場設備で生成されたデータを使用して、レポートを作成するのに役立ちます。このレポートは、機械の故障に備え 24 時間 365 日、資産をアクティブに監視するのに必要です。それにより、生産担当者は生産における障害に事前に対応し、資産の可用性を最大化できます。

利点

異なる生産プロセスの可視性

ラインや工場全体のマシンステータスへのほぼリアルタイムでのアクセス

モニタリング用の応答性の高いウェブインターフェイス

マシンの可用性およびパフォーマンスの履歴ビューを表示する応答性の高いウェブベースのインターフェイスを使用して、工場設備を監視および確認できます。

柔軟な設定

独自のニーズに基づいて、タグ、値などのマシンデータを設定します。 

マシンデータの可視化

柔軟なデータモデルおよび設定された直感的なユーザーインターフェイスをマップやグループにプロビジョニングし、工場でのセットアップでマシンを可視化します。

AWS ソリューションの概要

下の図は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャフローを表しています。

Machine Downtime Monitor on AWS | アーキテクチャフロー図
 拡大イメージを見る

Machine Downtime Monitor on AWS ソリューションアーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、Machine Downtime Monitor on AWS 用に次のサーバーレスインフラストラクチャとウェブコンテンツをデプロイします。

  1. Amazon Kinesis データストリームは、AWS へのマシンデータの送信に使用する接続メソッドが設定された後、ソリューションのエントリポイントとして機能します。
  2. Kinesis データストリームは、Filter Kinesis Stream AWS Lambda 関数 のイベントソースとして機能します。これにより、マシンのステータスを報告するメッセージをフィルタリングできます。
  3. マシンのステータスおよび生産数のメッセージは、ダッシュボードの履歴ビューのデータソースである Real Time Data Amazon DynamoDB テーブルに書き込まれます。マシンの名前およびステータスの変更は、ダッシュボードでマシンの概要を表示するために使用する UI Reference DynamoDB テーブルに保存されます。
  4. AWS AppSync は、このソリューションの API レイヤーとして機能します。マシンのステータスを変更すると、ソリューションのダッシュボードを更新する GraphQL ミューテーションが発生します。ダッシュボードでは、GraphQL クエリでデータをリクエストし、GraphQL サブスクリプションを使用して更新を受け取ることができます。
  5. インタラクティブなウェブインターフェイスを使用して、ダッシュボードのコンポーネントを表示します。これにより、マシンステータスのイベントを設定し、監視できます。このダッシュボードは Amazon CloudFront および Amazon S3 バケットがオリジンとして使用され、配信されます。Amazon Cognitoユーザープールおよび ID プールは、ユーザー認証および認可を管理します。
  6. Kinesis データストリームに送られたマシンデータは、Amazon Kinesis Data Firehose を通して未加工のデータの S3 バケットに保存されます。
  7. AWS Glue ワークフローは毎日午前 1 時 (UTC) にアクティブ化されます。このワークフローでは、AWS Glue のジョブが開始されます。これにより未加工のデータが処理され、処理済みのデータの Amazon S3 バケットに結果が保存されます。その後、AWS Glue クローラーが開始され、AWS Glue データカタログがアップデートされます。
  8. Amazon Athena を使用して AWS Glue データカタログのクエリを手動で実行するか、Amazon QuickSight を使用してデータを可視化します。

Machine Downtime Monitor on AWS

バージョン 1.0.0
リリース: 2021 年 4 月
作成者: AWS

見積りデプロイ時間: 5 分

予想費用 ソースコード  CloudFormation テンプレート 
このソリューションの更新を受け取るには、下のボタンを使用してサブスクライブしてください。
注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。
このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
動画
AWS ソリューションで解決: Machine Downtime Monitor on AWS
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら