投稿日: Oct 24, 2017

Performance Insights は Amazon Relational Database Service (RDS) の新機能です。データベースのパフォーマンスの問題をすばやく検出して是正処置を講じることができます。Performance Insights がオープンプレビューとしてリリースされました。

データベース開発者や管理者は、多くの場合、SQL クエリのパフォーマンスについて十分な可視性を得ていません。その場合、データベースのパフォーマンスが不十分なままアプリケーションが本番稼働に移行することになります。Performance Insights では、専門家でないユーザーでも、わかりやすいダッシュボードを使用してデータベースの負荷を視覚化し、パフォーマンスを簡単に分析できます。

このプレビューは PostgreSQL との互換性を持つ Amazon Aurora のユーザーに対して追加料金なしで提供され、1 日間のデータ保持が可能です。設定やメンテナンスは不要で、RDS マネジメントコンソールからワンクリックで有効にできます。

Performance Insights は、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (PDX)、および欧州西部 (DUB) の各リージョンで利用できます。詳細については、Performance Insights の発表ビデオをご覧いただくとともに、関連ドキュメントを参照してください。

Performance-Insigshts-Thumbnail