投稿日: Apr 2, 2018

Amazon Elasticsearch Service が、Amazon Cognito と統合され、プロキシサーバーを設定および管理することなく、Kibana のユーザーレベル認証を提供できるようになりました。本日のリリースで、SAML 2.0 を使用する Microsoft Active Directory などのエンタープライズ ID プロバイダーや、Google、Facebook、Amazon などのソーシャル ID プロバイダーを通じてサービスにサインインすることができます。また、Amazon Cognito のユーザープールを使用して、安全でスケーラブルで簡単なサインアップ環境を設定することもできます。サインインすると、Amazon Cognito は Amazon Elasticsearch Service ドメインへのアクセスを提供する、適切な AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを使用して、セッションを確立します。

すべての Amazon Elasticsearch Service ドメインに、アプリケーション監視、クリックストリーム分析などのログおよび時系列分析に使用されるオープンソースのデータ視覚化および探索ツールである Kibana が含まれています。Kibana は Elasticsearch と緊密に統合されており、Elasticsearch のデータ視覚化のデフォルトの選択肢です。 

Kibana 認証は、Elasticsearch 5.1 以降を使用するすべてのドメインでサポートされており、米国東部 (バージニア北部、オハイオ)、米国西部 (オレゴン、北カリフォルニア)、カナダ (中部)、南米 (サンパウロ)、欧州 (アイルランド、ロンドン、フランクフルト、パリ)、アジアパシフィック (シンガポール、シドニー、東京、ソウル、ムンバイ) の世界で 15 のリージョンで利用可能です。本日のリリースの詳細については、Amazon Elasticsearch Service 開発者ガイドを参照してください。