AWS クラウド
AWS クラウド
Amazon Elasticsearch Service のご利用開始にあたって

Amazon Elasticsearch Service により、ログ分析、フルテキスト検索、アプリケーションのモニタリングなどのために、Elasticsearch を簡単にデプロイ、保護、操作、スケールできるようになります。Amazon Elasticsearch Service は完全マネージド型サービスであり、Elasticsearch の使いやすい API とリアルタイム分析機能とともに、本番ワークロードに必要な可用性、スケーラビリティ、セキュリティを備えています。このサービスには KibanaLogstash の他に、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)Amazon Kinesis FirehoseAWS LambdaAmazon CloudWatch といった AWS のサービスが標準で統合されているため、生データから実用的なインサイトを簡単かつ安全に引き出すことができます。

Amazon Elasticsearch Service は簡単に使用開始できます。Amazon Elasticsearch Service ドメインは AWS マネジメントコンソールから数分でセットアップし、設定できます。Amazon Elasticsearch Service によってドメインのすべてのリソースがプロビジョニングされ、起動されます。VPC またはパブリックエンドポイントからドメインに安全にアクセスできます。このサービスにより、障害が発生した Elasticsearch ノードが自動的に検出および交換されるため、自己管理型のインフラストラクチャや Elasticsearch ソフトウェアに関連するオーバーヘッドを削減できます。Amazon Elasticsearch Service では、1 回の API コールで、またはコンソールで数回クリックするだけで、簡単にクラスターをスケールできます。Amazon Elasticsearch Service では、Elasticsearch のオープンソース API に直接アクセスできます。そのため、既存の Elasticsearch 環境で使用しているコードとアプリケーションがシームレスに機能します。

Elasticsearch とその使用については、Amazon Elasticsearch Service 開発者ガイド開始方法のページを参照してください。

thumb_intro_series_elasticsearch
9:14
Amazon Elasticsearch Service とは何ですか?

高速、安定したパフォーマンス

使用が簡単

運用準備が整っている Elasticsearch クラスターは、インフラストラクチャのプロビジョニングや Elasticsearch ソフトウェアのインストールと保守を気にすることなく、Amazon Elasticsearch Service を使用して数分でデプロイできます。Amazon Elasticsearch Service は、ソフトウェアパッチ適用、障害復旧、バックアップ、モニタリングなどの時間のかかる管理タスクを簡単にする、完全マネージド型サービスです。

高いスケーラビリティ

オープンソースの API とツールをサポート

Amazon Elasticsearch Service では Elasticsearch のオープンソースの API に直接アクセスできるため、新しいプログラミングスキルを習得する必要がありません。Amazon Elasticsearch Service は、Logstash (オープンソースのデータ取り込み、変換、ロードツール) と Kibana (オープンソースの可視化ツール) をサポートしています。

柔軟性

安全

VPC から Amazon Elasticsearch Service への安全なアクセスを簡単に設定して、VPC と Amazon Elasticsearch Service の間のすべてのトラフィックを、AWS ネットワーク内に保つことができます。セキュリティグループと AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーを使用して、Amazon Elasticsearch Service ドメインへのアクセスを制御できます。Amazon Elasticsearch Service により、セキュリティパッチが定期的に適用され、ドメインが最新の状態に保たれます。

イベントドリブンプログラミング

高い可用性

Amazon Elasticsearch Service はゾーン認識を使用して高い可用性を確保するように設計されており、同じリージョン内の 2 つのアベイラビリティーゾーン間でデータをレプリケートします。Amazon Elasticsearch Service はクラスターの状態をモニタリングし、故障したノードを自動的に交換します。

きめ細かいアクセスコントロール

その他の AWSの サービスと緊密に統合

Amazon Elasticsearch Service は AWS の他のサービスと標準で統合されています。具体的には、シームレスなデータ取り込みのために Kinesis Firehose、AWS IoT、Amazon CloudWatch Logs、監査のために AWS CloudTrail、セキュリティのために Amazon VPC と AWS Identity and Access Management (IAM)、クラウドオーケストレーションのために AWS CloudFormation が統合されています。

完全マネージド型

簡単にスケールできる

Amazon Elasticsearch Service では、Amazon CloudWatch メトリクスによってクラスターをモニタリングし、1 回の API コールまたは AWS マネジメントコンソールでのクリック数回でクラスターを拡大または縮小できます。クラスターは、広範囲にわたるインスタンスタイプと、SSD 対応の EBS ボリュームも含むストレージオプションをそれぞれ選択することによって、パフォーマンス要件を満たすように構成できます。

re:Invent 2015 での Expedia
re:Invent での Adobe
Zynga
Fanduel
Mapbox
TeamInternet
Igaworks
Intuit
ElastiCache-Page-Graphics_Caching

デジタルマーケティング、アプリケーションモニタリング、不正検出、アドテック、ゲーム、IoT などのさまざまなアプリケーションに対して、ウェブサイト、モバイルデバイス、サーバー、センサーなどによって生成される非構造化および半構造化ログを分析します。Amazon Kinesis Firehose、Logstash、または Amazon CloudWatch ログを使用してログデータをキャプチャし、前処理して、Amazon Elasticsearch Service に読み込みます。その後、Kibana と Elasticsearch の Query DSL を使用してデータを検索、探索、および視覚化することで、ユーザーとアプリケーションについての価値ある洞察を得ることができます。


BigData__full-text-search

顧客に検索とナビゲーションの豊富なエクスペリエンスを提供できます。Amazon Elasticsearch Service はファセットをサポートしています。ファセットを使用すると、顧客が価格、製品特性、ブランドなどのフィールドの値の範囲で検索結果を絞り込むことができ、高度な検索条件のフィルタを作成する機能、入力と同時に検索を開始するサジェスタ、ほぼリアルタイムのインデックス更新を利用できます。さらに、Amazon Elasticsearch Service は流動的なクエリボリュームに対応できるよう、簡単に使用できるスケーリング機能を備えているため、検索アプリケーションに伸縮性を組み込むことができます。


icon-elasticsearch-service-distributed-store

使いやすい JSON ドキュメント志向ストレージプラットフォームによってアプリケーションを駆動します。Amazon Elasticsearch Service は、シンプルな REST API、高速なパフォーマンス、強力な検索機能、およびシームレスなスケーラビリティを備えているため、リージョン内のアベイラビリティーゾーンにまたがる統合されたレプリケーションによって、何十億ものドキュメントを保存したり検索したりできる極めて高性能のアプリケーションを構築できます。


ElastiCache-Page-Graphics_RealTimeLeaderboards

顧客向けアプリケーションおよびウェブサイト全体でアクティビティログをキャプチャします。Logstash を使用して、これらのログを Amazon Elasticsearch Service ドメインにプッシュします。Elasticsearch によってデータがインデックス化され、リアルタイムに近い (1 秒未満) 分析を可能にします。次に、組み込みの Kibana プラグインを使用してデータを視覚化し、機能停止や問題の特定などの運用分析を実行します。Elasticsearch の地理空間解析によって、問題が発生している地理的リージョンを特定できます。トラブルシューティングチームはインデックスを検索し、統計的集計を実行して根本原因を特定し、問題を修正できます。


ElastiCache-Page-Graphics_ChatAndMessaging

デジタルコンテンツのリアルタイムのメトリクスを配信でき、作成者やマーケティング担当者が最も効果的な方法で顧客とコミュニケーションを図れるようにします。Amazon Kinesis Firehose を使用して圧縮およびバッチ化されて Amazon Elasticsearch Service に配信された、何十億もの小さいメッセージをストリーミングできます。データが Amazon Elasticsearch Service に読み込まれた後は、データの収集、フィルタリング、および処理を行い、コンテンツのパフォーマンスダッシュボードをほぼリアルタイムで更新できます。例えば、Hearst Corporation は Amazon Elasticsearch Service、Amazon Kinesis Streams、および Amazon Kinesis Firehose を使用して、世界中の 300 を超える Hearst のウェブサイトから 1 日 30 テラバイトのデータを送信および処理するクリックストリーム分析プラットフォームを構築しました。このプラットフォームにより、Hearst の編集者は、ウェブサイトのクリックから集約データまで、データストリーム全体を数分以内で利用することができます。導入事例を読む »

440x220_APN-Blog

Amazon VPC 内から Amazon Elasticsearch Service ドメインに今すぐ接続できます。NAT インスタンスやインターネットゲートウェイを使用する必要はありません。Amazon ES 向けの VPC サポートは簡単に設定でき、信頼性が高く、セキュリティの強化に役立ちます ...

記事全文を読む »

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) では、Amazon CloudWatch Logs へのスローログの発行がサポートされるようになりました。この新しい機能により、インデックス作成操作と検索操作から Elasticsearch スローログを発行し、その操作のパフォーマンスに関する洞察を得ることができます …

記事全文を読む »

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) の最近のリリースによって、Amazon EC2 で独自の検索クラスターを設定および管理することなくアプリケーションを構築できるようになりました。 Amazon ES を使用することの主な利点の 1 つは、AWS Identity and Access Management (IAM) を利用して、検索ドメインへのアクセスを許可または拒否できることです …

記事全文を読む »

Elasticsearch と Amazon Elasticsearch Service に関するブログ記事シリーズの第 1 回へようこそ。ここでは、AWS の Elasticsearch を始めるために必要な情報を提供します …

記事全文を読む »

Amazon Elasticsearch Service のお客様から、Amazon Elasticsearch ドメインによってインデックスが作成されている情報に関するアラートを実装する方法についてよく質問を受けます。 このブログ記事では、定義した条件に基づいて、アラートをほぼリアルタイムに送信できるようにアラートメカニズムを設定するために必要な手順について説明します …

記事全文を読む »

Amazon Elasticsearch Service の新機能すべての詳細については、最新情報のページをご覧ください。

単一アベイラビリティーゾーンの t2.micro.elasticsearch インスタンスまたは t2.small.elasticsearch インスタンス最大 750 時間/月、およびオプションの Amazon EBS ストレージ 10 GB/月が含まれる無料利用枠で、使用を開始していただけます。

無料でお試しください
まずは無料で始める »

サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

導入に関するご質問、お見積りなどご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。