投稿日: Aug 9, 2018

AWS Systems Manager が AWS Config をサポートするようになり、マネージドインスタンスでのパッチと設定コンプライアンスでの履歴と変更トラッキングができるようになりました。 

AWS Systems Manager はお使いのマネージドインスタンスをパッチと設定コンプライアンスのポリシーに対してスキャンしてアクションを起こし、お使いのフリートのセキュリティとコンプライアンスを維持するお役に立ちます。パッチに対してパッチマネージャーを、またはマネージドインスタンスの希望の設定を維持するためにステートマネージャーをお使いの場合、AWS Systems Manager はそのインスタンスに対して現在のパッチまたは設定コンプライアンスを維持します。

これで、AWS Systems Manager では AWS Config に対するパッチまたは設定コンプライアンス状態変更を記録できるようになりました。このためマネージドインスタンスのパッチまたは設定コンプライアンスの状態がいつ変わったのかに関する履歴が分かるようになります。このため、監査やトラブルシューティングの目的でよく必要となる、過去の任意の時点でのマネージドインスタンスのパッチと設定コンプライアンス状態へのアクセスが容易になりました。 

この機能は、AWS Systems Manager が提供されているすべての AWS リージョンで使用できます。この機能の詳細については、ドキュメントをご覧ください。詳細については AWS Systems Manager 製品ページをご覧ください。AWS Config と AWS Config 料金の詳細については、AWS Config 製品ページをご覧ください。