投稿日: Nov 26, 2018

Amazon S3 がストレージコストを削減する 4 つの新機能をサポートしました。新機能によって Amazon S3 Glacier ストレージクラスを使用したアーカイブアプリケーションの構築がこれまで以上に簡単になり、別の AWS リージョンにある S3 Glacier へのワンクリックでのデータレプリケーションも実現しました。Glacier への S3 PUT、Glacier への S3 クロスリージョンレプリケーション、S3 復元通知、S3 復元スピードアップグレードの各機能は、S3 API、AWS ソフトウェア開発キット (SDK)、AWS マネジメントコンソールを通じて利用でき、アーカイブワークフローおよびアーカイブアプリケーションに簡単に統合可能です。

長い間、バックアップおよびアーカイブストレージサービスである Amazon Glacier は、Amazon S3 のストレージクラスのひとつだと思われてきました。事実、現在 Amazon Glacier に保存されているデータのかなりの部分が、あまり使用しないデータを Amazon Glacier に移動する S3 ライフサイクルポリシーを使用しているお客様から直接送られてきたものです。本日、Amazon Glacier は正式に S3 の一部となり、Amazon S3 Glacier (以下、S3 Glacier) となったことを発表します。すべての既存の Glacier ダイレクト API は今までどおり機能し続けますが、S3 API を使用した S3 Glacier ストレージクラスへのデータの保存はさらに簡単に行えるようになりました。

S3 PUT API を使用することで、ゼロデイライフサイクルポリシーを管理する必要なしに、S3 Glacier ストレージクラスに直接オブジェクトをアップロードできるようになりました。

S3 クロスリージョンレプリケーション (CRR) ポリシーを設定し、データを別の AWS リージョンにある S3 Glacier ストレージクラスに直接レプリケートして、バックアップまたはその他のデータ保護といった目的を果たせるようになりました。シンプルな S3 CRR ルールを構築し、ある AWS リージョンにあるソースバケットに保存された各オブジェクトを、別の AWS リージョンにある低コストな送信先バケットにコピーできます。ある AWS GovCloud (米国) リージョンから別の AWS GovCloud (米国) リージョンにレプリケートすることもできます。

S3 復元通知機能により、S3 Glacier ストレージクラスからの復元が開始されたとき、およびオブジェクトの復元が正常に完了したときに、イベント通知を受け取れるようになりました。これらの復元イベント通知は、その後自動的に AWS Lambda 関数をトリガーしてアーカイブワークフローの次のステップを開始するのに使用できます。

最後に、S3 復元スピードアップグレードによって、復元処理中によりスピードの速い S3 Glacier 復元リクエストを発行することで、データをより早期に復元できるようになりました。

Amazon S3 のこれらの新機能は、すべての AWS リージョンおよび AWS GovCloud (米国) リージョンで一般提供されています。Glacier への S3 PUTGlacier への S3 クロスリージョンレプリケーションS3 復元通知S3 復元スピードアップグレードの詳細については、Amazon S3 開発者ガイドをご覧ください。