投稿日: Jan 28, 2021

AWS は、AWS およびオンプレミスで実行されているリソースのフルマネージド型従量課金制のモニタリングおよび監視サービスである Amazon CloudWatch の Fluent Bit サポートが利用可能になったことを発表しました。CloudWatch Container Insights および Log Insights を使用すると、Fluent Bit プロセッサから収集されたコンテナログを探索、分析、視覚化できます。Container Insights は、Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) と Kubernetes で実行されている FluentBit Daemon セットのパフォーマンスと可用性を要約した自動ダッシュボードへのアクセスも提供します。

AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、CloudWatch Container Insights の使用を開始し、コンテナのモニタリングやトラブルシューティングができます。CloudWatch Container Insights の優れたパフォーマンスとサポートの詳細については、このブログをご覧ください。また、クイックスタートガイドにアクセスして、使用を開始することもできます。

オブザーバビリティワークショップで CloudWatch Container insights についてさらに学習していただくことも可能です。

対象となるリージョンついては利用可能な AWS リージョン、料金の詳細については CloudWatch 料金ページをご覧ください。