Amazon AppStream 2.0

デスクトップアプリケーションを任意のコンピュータに安全に配信

Amazon AppStream 2.0 は、完全マネージド型のアプリケーションストリーミングサービスです。デスクトップアプリケーションを AppStream 2.0 で集中管理し、任意のコンピュータのブラウザへ安全に配信できます。ユーザー数無制限で世界中に簡単にスケールでき、ハードウェアやインフラストラクチャの調達、プロビジョニング、運用は不要です。AppStream 2.0 は AWS 上に構築されているため、最も厳しいセキュリティが要求される企業向けに設計されたデータセンターとネットワークアーキテクチャを利用できます。アプリケーションは特定のユースケース向けに最適化された仮想マシン (VM) で実行され、それぞれのストリーミングセッションがネットワーク条件に合わせて自動的に調整されるため、GPU 負荷の高い 3D デザインやエンジニアリングのようなアプリケーションであっても、各ユーザーが応答性の高いスムーズな操作を行えます。

エンタープライズは、AppStream 2.0 を利用することで、アプリケーションの配信をシンプルにし、クラウドへの移行を実現できます。教育機関は、どのコンピュータからでも、授業に必要なアプリケーションに全生徒をアクセスさせることができます。ソフトウェアベンダーは、AppStream 2.0 を利用することで、ダウンロードやインストールを行うことなくアプリケーションのトライアル、デモ、トレーニングを実施できます。アプリケーションを書き直すことなく、フル SaaS (Software-as-a-Service) ソリューションを開発することも可能です。

アナリストのホワイトペーパー

アプリケーションストリーミング使用した 
クラウド導入の加速

Forrester Consulting が AWS に代わって実施した
委託調査

利点

デスクトップアプリケーションを任意のコンピュータに配信

ユーザーは、いつでも必要なときにデスクトップアプリケーションにアクセスできます。AppStream 2.0 では、AWS から Chromebook、Mac、PC などの任意のコンピュータへとアプリケーションがストリーミングされます。

スケールにインフラストラクチャは不要

AppStream 2.0 は AWS の完全マネージド型サービスで、従量制でグローバルに使用できます。ユーザー数無制限で世界中にアプリケーションストリーミングを簡単にスケールでき、ハードウェアやインフラストラクチャの調達、プロビジョニング、運用は不要です。

アプリケーションとデータの保護

アプリケーションとデータは、ユーザーのコンピュータには保存されません。アプリケーションは暗号化されたピクセルとしてストリーミングされ、データへのアクセスはネットワーク内で保護されています。AppStream 2.0 は AWS 上で動作するため、最も厳しいセキュリティが要求される企業向けに構築されたデータセンターとネットワークアーキテクチャを利用できます。

応答性が高くスムーズなユーザーエクスペリエンスを実現

アプリケーションはユースケース向けに最適化された VM で実行されるため、すべてのユーザーが高い応答性を享受できます。それぞれのストリーミングセッションは、ネットワーク条件に合わせて NICE DCV プロトコルによって自動的に調整されるため、スムーズなユーザーエクスペリエンスを実現できます。

アプリケーションの集中管理

すべてのユーザーが同じバージョンのアプリケーションにアクセスできます。アプリケーションを AppStream 2.0 で集中管理することで、各ユーザーのコンピュータでのインストールとアップデートの管理が不要になります。   

既存の IT ソリューションとの統合

AppStream 2.0 は、現在ご使用の Active Directory、ネットワーク、クラウドストレージ、ファイル共有に接続できます。ユーザーは既存の認証情報を使用してアプリケーションにアクセスできます。また、既存のセキュリティポリシーを使ってアクセスを管理できます。豊富な API 群が AppStream 2.0 をお使いの IT ソリューションと統合します。

仕組み

How AppStream 2.0 works

ユースケース

3D デザインとエンジニアリング

3D デザインとエンジニアリングのアプリケーションを AppStream 2.0 で実行すると、ユーザーの業務にワークステーションが不要になり、エンジニアリングのワークフローを高速化できます。詳細はこちらから »

ソフトウェアベンダー

AppStream 2.0 なら、アプリケーションのトライアル、デモ、トレーニングを、ダウンロードやインストールなしで実施できるようになります。アプリケーションを書き直すことなく、フル SaaS (Software-as-a-Service) 製品を開発することも可能です。詳細はこちらから »

エンタープライズ

AppStream 2.0 によってデスクトップアプリケーションをクラウド上で安全に実行し、それぞれのアプリケーションの同じバージョンを全ユーザーに配信することで、アプリケーションの配布を簡略化できます。詳細はこちらから »

教育

AppStream 2.0 を使うことで、生徒は教室、図書館、カフェ、家など、必要なときにどこからでも任意のコンピュータでアプリケーションにアクセスできます。詳細はこちらから »

お客様事例

GE Renewable Energy は、世界最大の経済、そして最奥の地域に電力を提供するために、地球で最も豊富な資源を利用しています。Amazon AppStream 2.0 は、GE の グローバルな事業部門に独自のアプリケーションを安全に管理する機能を提供することによって、IT チームがそのアプリケーション管理プロセスをシンプル化できるようにしています。

「Amazon AppStream 2.0 を使用することにより、インフラストラクチャを一切運営せずに、あらゆる数のユーザーにオンデマンドでスケールできます。また、私たちは各事業部門のアプリケーションを管理する単一のチームではなくなりました。ゴールデンイメージを設定し、各チームがその上でアプリケーションを管理できるようにしています。このため、デプロイメントを数百人のユーザーから数千人のユーザーに拡大するにあたって、毎月何日分もの作業が省かれています。」

- Glorius Gaduang 氏、GE Renewable Energy プリンシパルアーキテクト

Samsung Engineering は、エンジニアリング、調達、建設およびプロジェクト管理分野における大手企業です。Samsung Engineering には国際的に事業を拡大する必要がありましたが、使用していたオンプレミスのインフラストラクチャでは、Hexagon エンジニアリングソフトウェアスイートのグラフィック集約型アプリケーションを世界各国の社員とパートナーに提供することが困難になっていました。

「弊社のオンプレミスのインフラストラクチャは、グローバルなパートナーとコラボレーションすることを考慮に入れた設計がなされておらず、ニーズを満たすためにこのインフラストラクチャを拡張するには法外なコストがかかります。AppStream 2.0 を利用することで、弊社はグローバルコラボレーションモデルの構築が可能になりました。加えて、運用コストでは 30% の節減を実現しています。AppStream 2.0 のスケーラビリティと柔軟性を利用してこれらのソリューションを提供することは、私たちが世界的に事業を展開する上での明らかなメリットです。」

- Jeonghoon Lee 氏、Samsung Engineering Co. シニアクラウドアーキテクト

Siemens の NX は、設計業および製造業のお客様が製品をより優れたスピードと効率性で提供するために役立つ強力な CAD ソフトウェアアプリケーションです。Siemens では、NX ソフトウェアの仮想テストドライブ、デモ環境、およびトレーニングの提供に Amazon AppStream 2.0 を使用しています。

「AppStream 2.0 は、仮想テストドライブ、ソフトウェアのテスト、およびトレーニングのために Siemens の NX を即座に提供することを可能にしてくれます。以前は、ソフトウェアのインストールやシステムのセットアップに何時間も費やしてから実行していました。この問題は AppStream 2.0 で解消されました。AppStream 2.0 なら、NX の最新バージョンをデプロイすると同時に、お客様には、ダウンロード、インストール、設定作業を行うことなく、ブラウザを使ってアプリケーションにすぐさまアクセスしていただけます。」

– George L. Rendell 氏、 Siemens PLM Software、NX Design シニアディレクター

ブログ記事

デスクトップおよびアプリケーションストリーミングブログにアクセスして、ユニークなユースケース、ベストプラクティス、技術的なディープダイブ、および新たにローンチされた機能についてご覧ください。

日付
  • 日付
1

Amazon AppStream 2.0 の詳細

特徴ページにアクセスする
使ってみませんか?
Amazon AppStream 2.0 の使用開始
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ