IoT 向けのアーキテクチャのベストプラクティス

AWS でデバイスを接続するためのアーキテクチャのベストプラクティスをご覧になり、モノのインターネット (IoT) ソリューションが産業、消費者、および商用のユースケース向けにに、複数レイヤーセキュリティ、AI との統合、さまざまな機能をどのように提供できるかを説明します。

IoT レンズ - AWS Well-Architected フレームワークを使用して IoT ワークロードをベストプラクティスと比較して評価し、IoT レンズチェックリストを使用して改善計画を作成する方法を学びます

主なコンテンツ

IoT のご紹介

AWS のサービスを組み合わせて、安全でスケーラブルな IoT アーキテクチャを構築し、物理的な世界をデジタルに接続するのに役立つ基本的なガイダンス。

コネクテッドホーム

コネクテッドホームメーカー向けに特別に設計された AWS リファレンスアーキテクチャ図。

産業ユースケース

予測品質とメンテナンスのための機械学習機能を含む、産業用 IoT アーキテクチャを構築および維持するための最適な方法。
フィルター条件:
すべてのフィルターをクリアする

このページはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立てれば幸いです。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる
フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立たず申し訳ありません。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる
日付 (説明)
  • 日付 (説明)
1

検索結果が見つかりませんでした。 
別の基準を選択するか、スペルを確認するか、別のキーワードを試してください。

IoT のブログ記事

その他…
選択された条件に一致するブログ記事は見つかりませんでした。